2016年7月8日号 3147号

280円(税込)

定価 280円(税込)

▼特集▼
千葉雅也・大橋完太郎・星野太鼎談<「ポスト構造主義」以後の現代思想>
カンタン・メイヤスー『有限性の後で』が切り開いた思弁的実在論をめぐって


★今年一月、フランスの哲学者カンタン・メイヤスーの『有限性の後で』(人文書院)が翻訳出版された。同書は、原書が二〇〇六年に刊行されて以来、英語圏の哲学者を中心にして、大きな反響を呼んで来た。新潟大学准教授・宮崎裕助氏は、『有限性の後で』に対して、次のように評した。「『二一世紀の現代思想』の幕開けを告げる一撃なのであり、次世代哲学者たちにとってのプラットフォームのような役割を担う」(本紙三月十一日号掲載)。刊行から間もなく、人文・哲学書としては異例のスピードで重版も決まった。「フーコー、ドゥルーズ、デリダ」以後の世代の哲学者が著した一冊の書物を、どのように受け止め、応用していけばいいのか。翻訳者である千葉雅也・大橋完太郎・星野太の三氏に鼎談をしてもらった。

<主なコンテンツ>
1:思弁的実存論(SR)
2:デリダへの逆張り
3:ドゥルーズとメイヤスー
4:SRの応用可能性
5:「第一批判」として
6:「崇高」について

★カンタン・メイヤスーはパリ第一大学准教授・哲学専攻。一九六七年生。

★ちば・まさや氏は立命館大学准教授。東京大学大学院博士課程修了。著書に「動きすぎてはいけない」「別のしかたで」など。一九七八年生。
  
★おおはし・かんたろう氏は神戸大学准教授。東京大学大学院博士課程修了。著書に「ディドロの唯物論」など。一九七三年生。

★ほしの・ふとし氏は金沢美術工芸大学講師。東京大学大学院博士課程修了。共著書に「人文学と制度」など。一九八三年生。


《今週の読物》
■1面=誰も見ていないから<第5回>/伊原信次(いはら・しんじ氏=画家)
◎<博多祇園山笠男絵図>
毎年7月が近づいてくると、またこの季節がやってきたかと胸がざわつきはじめる。

■3面
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側<248>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎傘寿の入院と自主退院 波乱の80代の幕開け!?

◇連載=現代短歌むしめがね<45>コンピュータ編/山田航(やまだ・わたる氏=歌人)
◎ごみ箱へ捨てていいかと訊いてくるコンピューターの知らないかなしみ/杉崎恒夫『パン屋のパンセ』(2010)

◇連載=漢字点心<189>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◎「牽」

▽映画時評・7月(伊藤洋司)
◎表象の裂け目に、遭遇するもの
イエジー・スコリモフスキ「イレブン・ミニッツ」

◇フォト&アート=
◎著:江成 常夫『多摩川 1970-74』(平凡社)


▽著者から読者へ=「「18歳選挙権」で社会はどう変わるか」(林大介)
◎著:林大介『「18歳選挙権」で社会はどう変わるか』(集英社)

★18歳選挙権の社会への活用 子供世代が主権者として社会参加していく機会を

◇文庫日和=
◎著:木皿 泉『木皿食堂』(双葉文庫)


■4面
▽論潮・七月(大野光明)
◎広島と沖縄 新たな戦争地図のなかで

■5面
▽文芸・七月(友田健太郎)
◎きわめて刺激的かつ興味深い内容 韓国の文芸評論家による司馬遼太郎論

◎新刊=
著:金井景子『浅草文芸ハンドブック』(勉誠出版)


■6面
◇新刊=著:向谷 匡史『安藤昇 90歳の遺言』(徳間書店)


■7面
◇特集=群像新人文学賞受賞作品が芥川賞候補にも選ばれた「ジニのパズル」崔実(チェシル)氏に聞く


■8面
◇受賞=第47回 大宅壮一ノンフィクション賞 贈呈式開催
★6月24日、第47回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が有楽町・日本外国特派員協会で開催された。受賞作は、書籍部門が堀川惠子氏『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』(文藝春秋)、雑誌部門が児玉博氏「堤清二『最後の肉声』」(文藝春秋15年4〜6月号)。

◇出版メモ=
 

◎田原総一朗の取材ノート/田原総一朗(ドキュメンタリー作家)
◎国民が求めているのは対案である

《今週の書評》
■4面〈学術・思想〉
▽斎藤美奈子・成田龍一編著「1980年代」(河出書房新社)
評:切通理作(きりどおし・りさく氏=文化批評)


▽堀川聡司著「精神分析と昇華」(岩崎学術出版社)
評:及川卓(おいかわ・たく氏=及川卓心理臨床研究室)


■5面〈文学・芸術〉
▽陣野俊史著「テロルの伝説」(河出書房新社)
評:佐藤泉(さとう・いずみ氏=青山学院大学教授・近現代日本文学専攻)


▽宇佐美斉著「清岡卓行の円形広場」(思潮社)
評:岡本勝人(おかもと・かつひと氏=詩人・文芸評論家)
<

■6面〈読物・文化〉
▽宮田昇著「小尾俊人の戦後」(みすず書房)
評:南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ氏=編集者)


▽宮本陽一郎著「アトミック・メロドラマ」(彩流社)
評:中垣恒太郎(なかがき・こうたろう氏=大東文化大学教授・アメリカ文学/現代文化研究専攻)


▽高野秀行著「謎のアジア納豆」(新潮社)
評:森枝卓士(もりえだ・たかし氏=写真家・ジャーナリスト)


▽角田忠信著「日本語人の脳」(言叢社)
評:黒川伊保子(くろかわ・いほこ氏=人工知能研究者・随筆家)


◆次号<7月15日号>予告
室井尚・内田樹=対談「文系学部解体――大学の未来」連続討議載録
(8頁・定価280円)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。