2017年12月22日号 3220号

330円(税込)

定価 330円(税込)

宮台真司・苅部直・渡辺靖鼎談〈年末回顧特集号〉
民主主義は不可能な理想か
コモンセンス(共通感覚)が壊れてしまった世界で


年末恒例の「回顧特集号」をお送りします。学術・思想・政治・文学・歴史・芸術・ノンフィクションなど、ジャンルごとに一年を振り返ります。1・2・3面では、宮台真司・苅部直・渡辺靖の三氏に鼎談をお願いしました。

《2017年回顧総特集》
◇私の2017年
■5面=松浦寿輝(まつうら・ひさき=作家・詩人・仏文学者・批評家)
■8面=金子遊(かねこ・ゆう=批評家、映像作家)
■10面=前野ウルド浩太郎(まえの・うるど・こうたろう=昆虫学者<通称・バッタ博士>)

■3面
◇文芸=馬場美佳(ばば・みか=筑波大学准教授・日本近代文学)、福島勲(ふくしま・いさお=北九州市立大学准教授・フランス文学)
▽日本文学=町口哲生(まちぐち・てつお=評論家・哲学)

■4、5面
◇外国文学=韓国=佐野正人(さの・まさと=東北大学准教授・日韓比較文学)
▽英文学=大田信良(おおた・のぶよし=東京学芸大学教授・英文学)
▽アメリカ文学=長岡真吾(ながおか・しんご=福岡女子大学教授・アメリカ文学)
▽ロシア=中村唯史(なかむら・ただし=京都大学教授・ロシア文学)
▽中国=山口守(やまぐち・まもる=日本大学教授)
▽ラテンアメリカ=立林良一(たてばやし・りょういち=同志社大学准教授・ラテンアメリカ文学)
▽フランス=塚本昌則(つかもと・まさのり=東京大学教授・フランス文学)

■6面
◇ノンフィクション=新井信(あらい・まこと=編集者)
◇児童文学=ひこ・田中(ひこ・たなか=児童文学作家)
◇短歌=藤原龍一郎(ふじわら・りゅういちろう=歌人)
◇俳句=浅沼璞(あさぬま・はく=俳人・連句人)

■7面
◇ミステリー=古山裕樹(ふるやま・ゆうき=書評家)
◇SF=風野春樹(かざの・はるき=SF書評家)
◇時代小説=末國善己(すえくに・よしみ=文芸評論家)
◇詩=和合亮一(わごう・りょういち=詩人)

■8面
◇芸術=美術=河本真理(こうもと・まり=日本女子大学教授・西洋美術史)
▽音楽=小宮正安(こみや・まさやす=横浜国立大学教授・ヨーロッパ文化史・ドイツ文学)
▽演劇=高橋宏幸(たかはし・ひろゆき=演劇評論家)
▽写真=タカザワケンジ(たかざわ・けんじ=写真評論家)
▽映画=伊藤洋司(いとう・ようじ=中央大学教授・フランス文学)

■9面
◇論潮=面一也(おもて・かずや=法政大学、立教大学、早稲田大学非常勤講師・政治思想)
◇科学技術=横山輝雄(よこやま・てるお=南山大学教授・科学技術論)
◇女性学=千田有紀(せんだ・ゆき=武蔵大学教授・女性学)
◇マスコミ=鈴木雄雅(すずき・ゆうが=上智大学教授・新聞学)

■10面
◇哲学=貫成人(ぬき・しげと=専修大学教授・哲学)
◇政治学=高田宏史(たかだ・ひろふみ= 岡山大学准教授・政治学)
◇経済学=塚本恭章(つかもと・やすあき=愛知大学専任教員・経済学博士・社会経済学)
◇社会学=好井裕明(よしい・ひろあき=日本大学教授・社会学・エスノメソドロジー)

■11面
◇日本史=古代史=木本好信(きもと・よしのぶ=龍谷大学特任教授)
▽中世史=櫻井彦(さくらい・よしお=宮内庁書陵部図書課文書研究官・日本中世史専攻)
▽近世史=福留真紀(ふくとめ・まき=東京工業大学准教授・日本近世史)
▽近代以後=阿部安成(あべ・やすなり=滋賀大学教員・近代日本社会史)
◇西洋史=村上宏昭(むらかみ・ひろあき=筑波大学人文社会系助教・ドイツ近現代史)
◇東洋史=関智英(せき・ともひで=日本学術振興会特別研究員・明治大学兼任講師・中国近現代史)

■12、13面
▽二〇一七年総索引

■14面
◇二〇一七年出版・書店動向=久保雅暖(くぼ・まさはる=出版科学研究所研究員)、星野渉(ほしの・わたる=「文化通信」編集長)

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側 321回(横尾忠則)
夢の非創造性を嘆く「私」に対する問題提起

◇連載=「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)37回(聞き手=久保宏樹)

◇連載=American Picture Book Review 9回(堂本かおる)
「ガール・パワーの私の初めての本」

〈書評キャンパス 大学生がススメる本〉
▽玉城夕紀著「マレ・サカチのたったひとつの贈物」(中央公論新社)
評:白井 遥(しらい・はるか=甲南女子大学文学部日本語日本文化学科2年)

■9、10、11面
▽二〇一七年賞と受賞者


◆次号の2018年1月5日号は12月29日号を合併して新年特大号(二部構成・特別定価340円[本体315円])とし、12月29日に発売します。
◇第一部
▽山本貴光・服部徹也対談<来たるべき文学のために>『文学問題(F+f)+』刊行を機に

◇第二部=新書のすすめ
▽新書を買う(師岡カリーマ・エルサムニー)
▽著者自身が語る新書のモチーフ
▽近刊ピックアップ
▽クイズほか

★2018年度の時評の新担当者
▽論潮=綿野恵太
▽文芸=坂口周

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。