2018年5月4日(4月27日合併)号 3237号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
《特集》斎藤真理子、古川綾子、すんみ=鼎談/ファン・ジョンウン『誰でもない』読書会レポート(七面)
〈新しい文学が生まれる場所〉
韓国『新世代』の作家たち〈韓国文学のオクリモノ〉シリーズ(晶文社)全六冊完結


いま、韓国から新しい文学の風が吹き込んでいる。二〇一七年十月から刊行開始されたシリーズ「韓国文学のオクリモノ」(晶文社)は、二〇〇〇年以降にデビューした韓国「新世代」と呼ばれる作家を中心に、ハン・ガン『ギリシャ語の時間』、パク・ミンギュ『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』、キム・エラン『走れ、オヤジ殿』、ファン・ジョンウン『誰でもない』、キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』の五冊を刊行し、まもなく六冊目となるチョン・ミョングァン『鯨』が刊行される。シリーズ全六冊の完結を機に、本シリーズで翻訳を担当した訳者でもあり韓国文学の最前線を知る紹介者でもある三人の魅力的な女性たち、斎藤真理子さん、古川綾子さん、すんみさんに、作家の個性や作品の読みどころ、韓国文学の魅力とその力、シリーズ刊行の意義などを語っていただいた。本特集では、四月に来日した作家ファン・ジョンウンさんの『誰でもない』読書会のレポートも掲載(七面)。鼎談と併せてお楽しみください!   


《今週の読物》
《今週の読物》
■2面
▽訳者から読者へ『かべのむこうになにがある?』(風木一人)
勇気ある人たちに、そして壁のない世界に

◇連載=夜郎戯暦<四月>(安倍夜郎)
4月8日

◇連載=漢字点心 276回(円満字二郎)
「隠」

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側 338回(横尾忠則)
死の祝祭を描く―死を目的に生まれた生だから、うんとポップで楽しく!

◇連載=現代短歌むしめがね 132回(山田航)
トランクスを降ろして便器に跨って尻から個人情報を出す/望月裕二郎『あそこ』(2013)

◇連載=手塚治虫―深夜の独り言 7回(中村一彦)
教師もまんがを描くべきだ

■3面
▽小林茂氏に聞く〈映画監督・柳澤壽男〉聞き手=鈴木一誌

福祉ドキュメンタリー監督の草分け的存在で、「隠れた巨匠」と言われてきた柳澤壽男の全体像を記録した『そっちやない、こっちや 映画監督・柳澤壽男の世界』(新宿書房)が刊行された。これまで知られていなかった戦後映画史の一面が、この本によって明らかになった。柳澤壽男とはいかなる表現者だったのか。その愛弟子である小林茂氏(映画監督・カメラマン)にお話をうかがった。聞き手はブックデザイナーの鈴木一誌氏にお願いした。 

■6面
◇連載=「ヴィスコンティ」ジャン・ドゥーシェ氏に聞く 54回(聞き手=久保宏樹)
 

《今週の書評》
■4面〈学術・思想〉
▽マーガレット・ロック著「アルツハイマー病の謎」(名古屋大学出版会)
評:北中淳子(きたなか・じゅんこ=慶應義塾大学教授・医療人類学)

▽稲葉延子他著「シモーヌ・ヴェイユ」(水声社)
評:澤田 直(さわだ・なお=立教大学教授・フランス哲学・思想)

▽松本卓也著「享楽社会論」(人文書院)
評:河野一紀(こうの・かずのり=臨床心理士)

▽永見瑞木著「コンドルセと<光>の世紀」(白水社)
評:山本光久(やまもと・みつひさ=フランス文学/エディター)

■5面〈文学・芸術〉
▽ボレスワフ・プルス著「人形」(未知谷)
評:井上暁子(いのうえ・さとこ=熊本大学准教授・ポーランド語圏文学)

▽伊藤氏貴著「美の日本」(発行:明治大学出版会、発売:丸善出版)
評:真銅正宏(しんどう・まさひろ=追手門学院大学教授・日本近現代文学)

▽シモーヌ・ド・ボーヴォワール著「モスクワの誤解」(人文書院)
評:野崎 歓(のざき・かん=東京大学教授・フランス文学)

▽小谷瑛輔著「小説とは何か?」(ひつじ書房)
評:篠崎美生子(しのざき・みおこ=明治学院大学教授・日本文学)

■6面〈読物・文化〉
▽エリー・フォール著、須藤健太郎編訳「エリー・フォール映画論集」(ソリレス書店)
評:堀 潤之(ほり・じゅんじ=関西大学教授・映画研究・表象文化論)

▽山崎明子・藤木直実編著「<妊婦>アート論」(青弓社)
評:妙木 忍(みょうき・しのぶ=東北大学大学院准教授・社会学)

▽睫邱司著「石造仁王像」(青娥書房)
評:渡辺文雄(わたなべ・ふみお=別府大学非常勤講師・仏教美術研究家)

▽眞田芳憲著「<大逆事件>と禅僧内山愚童の抵抗」(佼成出版社)
評:竹内栄美子(たけうち・えみこ=明治大学教授・日本近代文学)

〈書評キャンパス 大学生がススメる本〉
▽藤田宙靖著「最高裁回想録 学者判事の七年半」(有斐閣)
評:吉沢健太郎(よしざわ・けんたろう=東京大学法学部3年)


◆次号<5月11日号>予告
島薗進・香川知晶・小松美彦
『<いのち>はいかに語りうるか』をめぐって
(8頁・定価280円)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。