2018年8月3日号 3250号

340円(税込)

定価 340円(税込)

購入数
夏の文庫特集2018
<文庫と僕。>矢部太郎さんが文庫を買う!


カバンに一冊放り込んで、夏は文庫と出かけたい。夏の文庫特集、今年の「文庫を買う」にご登場いただいたのは、『大家さんと僕』(新潮社)で第二二回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞したばかりの矢部太郎さん(カラテカ)。お笑い芸人の同賞受賞初、本職のマンガ家以外が作画した作品の受賞も初ということで大きな話題となり、快進撃を続ける『大家さんと僕』は、受賞後の重版で遂に五五万部に到達(二三刷、七月十一日付)。日本中をほっこりさせている。空手をはじめ、語学学習や気象予報士の資格取得など多才な矢部さんだが、もともと読書家で本書に登場する本好きの大家さんともよく本の話をするそう。気象観測史上初という六月中の梅雨明け宣言が出された真夏のような週末、「長袖着てきちゃった……」とつぶやく矢部さんに、ブックファースト新宿店で汗をかきかき選書していただいた。

《読者へのメッセージ》
■2〜6面
芦沢央・石川智健・井上真偽・川合康三・澤村伊智 ・篠綾子・月村了衛・千野隆司・出口治明・源孝志 ・蓑輪諒・宮下奈都・森沢明夫・渡辺淳子・渡辺優

《わが社のロングセラー》
■7〜11面
大矢博子・酒寄進一・重里徹也・末國善己・鈴峯紅 也・関口苑生・鶴岡エイジ・中沢けい・西上心太・ 西口徹・はらだみずき・福澤徹三・細谷正充・堀井 憲一郎・村上貴史

《文庫×作家・書店員・書店》
■12面
額賀澪・花本武・絹川 裕二

《新刊・近刊ピックアップ》
■12面〜14面(記事内の価格表記はすべて税抜)

《今週の読物》
■16面
◇連載=日常の向こう側ぼくの内側 351回(横尾忠則)
◇連載=現代短歌むしめがね 145回(山田航)
◇連載=漢字点心 289回(円満字二郎)
◇連載=「地中海とヌーヴェルヴァーグ」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)67回(聞き手=久保宏樹)
◇連載=〈書評キャンパス〉川村元気著「億男」(坪島阿紀)

◆次号<8月10日号>予告
吉川浩満・木島泰三対談
『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』刊行を機に
(8頁・定価280円)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。