【5/24開催】ハイデガー生誕130年記念トークイベント(一般)

1,500円(税込)

購入数
本商品購入後に参加証がダウンロード可能になります。
本参加証をプリントアウト or スマホやタブレット画面で表示可能な状態にし、当日持参をお願いいたします。


【ハイデガー生誕130年記念トークイベント/5月24日19時開催】
ハイデガー最大の謎――『黒ノート』の全貌をいち早く解明。講師=齋藤元紀。神保町・読書人隣り。

【内容】2019年は、20世紀最大の《哲学の巨人》、マルティン・ハイデガー生誕130年にあたる(1889年9月26日生まれ)。ハイデガーが亡くなったのは、1976年5月26日である。《命日》を前にして、ハイデガー研究の俊英が、『黒ノート』の謎に挑む。
通称『黒ノート』は、ハイデガーが1931年以降、亡くなる直前まで記していた断章である。全36冊に及ぶ記述の一部は、2014年にドイツで全集版として出版されて以降、現在までに5巻(1951年までの2600頁超におよぶノート、23冊分)が公にされており、本年4月にも続巻が刊行予定となっている。現在日本でも翻訳が進行中であり、一日も早い刊行が俟たれている。『黒ノート』が注目される理由としては、ハイデガー思想の最深部を明らかにしうるであろう最新資料であること、そしてハイデガーとナチズム、あるいは反ユダヤ主義との関連について、新たな発見があるのではないかといわれていることにある。第二次世界大戦を挟んで、ハイデガーの胸中に去来したものとは果たして何か。現代哲学における最難問について、わかりやすく解明を試みる。
【講師】齋藤元紀(高千穂大学教授)。著書に『存在の解釈学――ハイデガー『存在と時間の構造・転回・反復』(法政大学出版局)、共著に『始まりのハイデガー』(晃洋書房)、『ハイデガー哲学は反ユダヤ主義か――「黒ノート」をめぐる討議』(水声社)、『終わりなきデリダ――ハイデガー、サルトル、レヴィナスとの対話』(法政大学出版局)、『21世紀の哲学をひらく――現代思想の最前線への招待』(ミネルヴァ書房)、『科学と技術への問い――ハイデッガー研究会第三論集』(理想社)、『ハイデッガー『存在と時間』の現在 刊行80周年記念論集』(南窓社)、『ハイデッガーと思索の将来――哲学への〈寄与〉』(理想社)、共訳書にギュンター・フィガール『問いと答え――ハイデガーについて』(法政大学出版局)など。
【日程】2019年5月24日(金)19時〜21時(18時45分会場)
【会場】神保町・スペース「読書人隣り」
(千代田区神田神保町1-3-5冨山房ビル6F/アクセス:神保町駅A7出口徒歩3分)
【料金】一般1500円・学生1000円

予約・問い合わせは、読書人イベント係☎03・5244・5975/info@dokushojin.co.jp

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。