2019年5月10日号 3287号

280円(税込)

購入数
対談=井上達夫×渡辺靖
<リバタリアニズムから時代を考える時代>
『リバタリアニズム』(中央公論新社)刊行を機に

【今週の読物】
◇連載=「反「作家」主義」(ジャン・ドゥーシェ氏 に聞く)(聞き手=久保宏樹)(6)
◇連載=〈書評キャンパス〉小川一水著『アリスマ王の愛した魔物』(富樫知之)(6)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=現代短歌むしめがね(山田航)(7)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記ァ別本尚規)(7)

【今週の書評】
 〈4面〉
▽アライダ・アスマン著『想起の文化』(芝 健介)
▽モーリス・メルロ=ポンティ著『コレージュ・ド・フランス講義草稿』(加賀野井秀一)
 〈5面〉
▽カルラ・スアレス著『ハバナ零年』(旦 敬介)
▽武田雅哉著『西遊記』(千野拓政)
▽今村夏子著『父と私の桜尾通り商店街』(馬場美佳)
 〈6面〉
▽安東量子著『海を撃つ』(田中庸介)
▽筒井大介編『あの日からの或る日の絵とことば』 (中川素子)
▽藤原辰史著『食べるとはどういうことか』(湯澤規子)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。