2019年10月11日号 3310号

363円(本体330円、税33円)

購入数
宮内悠介インタビュー ―三冊目のノートを探す旅―
<ぼくは、ぼくの戰爭が書きたい>
『遠い他国でひょんと死ぬるや 』(祥伝社)
   
【今週の読物】
▽又吉直樹インタビュー『人間』刊行記念(8)
◇連載=「ナチスのヨーロッパ映画に対する影響」(ジャン・ドゥーシェ氏に聞く)(聞き手=久保宏樹)(5)
◇連載=〈書評キャンパス〉原田マハ著『常設展示室』(久米めぐみ)(5)
◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側(横尾忠則)(7)
◇連載=漢字点心(円満字二郎)(7)
◇連載=中平卓馬をめぐる50年目の日記?(柳本尚規)(7)
◇連載=AmericanPictureBookReview? (堂本かおる)(7)

【今週の書評】
 〈3面〉
▽田島泰彦著『表現の自由とメディアの現在史』 (武田 徹)
▽芝崎祐典著『権力と音楽』(小宮正安)
▽トム・ニコルズ著『専門知は、もういらないのか』(日比嘉高)
▽猖槎醒『鳥羽・志摩の海女』(小暮修三)
 〈4面〉
▽冨士原清一著、京谷裕彰編『薔薇色のアパリシオン』(林 浩平)
▽閻連科著『黒い豚の毛、白い豚の毛』(鈴木将久)
▽惣谷美智子・岩上はる子編『めぐりあうテクストたち』(廣野由美子)
 〈5面〉
▽吉岡乾著『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』(高野秀行)
▽中川五郎著『七〇年目の風に吹かれ』(鎌田東二)
▽歌代幸子著『鏡の中のいわさきちひろ』(岩尾光代)
 〈6面〉
▽彩瀬まる著『森があふれる』(神田法子)
▽ロベルト・テッロージ著『イタリアン・セオリーの現在』(中村勝己)
▽坂野徹著『〈島〉の科学者』(重信幸彦)


PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。