2013年1月18日号 2973号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
★特集★
◇対談=萩尾望都×小谷真理「漫画に願いを込めて」萩尾望都作品集『なのはな』(小学館)を通して原発を考える
※はぎお・もと氏=漫画家。代表作に『ポーの一族』『トーマの心臓』『11人いる!』『残酷な神が支配する』『バルバラ異界』ほか多数。小学館漫画賞ほか受賞多数、2012年には紫綬褒章を受章。1949(昭和24)年生。
※こたに・まり氏=SF・ファンタジー評論家。著書に『女性状無意識』『ファンタジーの冒険』『リス子のSF、ときどき介護日記』ほか多数。1958(昭和33)年生。

★今週の読物★
■1面
◆連載=海岸線<第22回>/笹岡啓子(ささおか・けいこ氏=写真家)
「神奈川県 三浦半島 「盗人狩」 2001年」

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第83回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
「機上の奇跡! オーロラとの遭遇」
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第80回>/椎根和(しいね・やまと氏=元ハナコ雑誌編集長。編集者)
◆連載=ニュー・エイジ登場<第384回>山川賢一
「アニメ批評で読者に伝えるもの」
※やまかわ・けんいち氏=SF・文芸評論家。名古屋大学大学院文学研究科仏文専攻修了。著書に『エ/エヴァ考』『Mの迷宮「廻るピンクドラム」論』『成熟という檻「魔法少女まどか☆マギカ」論』。1977(昭和52)年生。
◆フォト&アート
近藤誠一『ミネルヴァのふくろうと 明日の日本』(かまくら春秋社)
「日本経済新聞へ連載されたエッセイ「あすへの問題」に、千住博、平松礼二をはじめとする錚々たる画家たちの絵がついた21篇」
◆ロシア大使館にて公開鼎談
『カラマーゾフの兄弟』『カラマーゾフの妹』を語り尽くす
◆連載=漢字点心<第21回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
 「濺」 

■4面
◆スポットライト
泉孝英編『日本近現代医学人名事典 1868-2011』(医学書院)

■6面
◆新刊紹介
出雲充著『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。―東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦』(ダイヤモンド社)

■7面
◆紀和鏡が語る中上健次『十九歳の地図』
2012年11月25日、東京・豊島区の雑司ケ谷地域文化創造館 第100回講演会載録
※なかがみ・けんじ(1946〜92)=作家。新宮高校卒業後、上京し『文芸首都』の同人となる。第一作品集『十九歳の地図』で注目を集め、76年『岬』で芥川賞受賞。戦後生まれで初の受賞者となる。77年『枯木灘』で毎日出版文化賞受賞。著書に『地の果て 至上の時』『千年の愉楽』『化粧』『熊野集』『日輪の翼』『讃歌』『異族』『紀伊物語』など。
※きわ・きょう氏=作家。『文芸首都』同人として、中上健次、津島佑子、林京子、勝目梓らとともに活躍。後に中上健次と結婚。1985年、『Aの霊異記』でデビュー。著書に『夢熊野』など。1945(昭和20)年生。長女・中上紀氏も作家として活躍。
◆連載=活字シアター<第476回>
◎仏教書出版四〇〇年の「本屋」法藏館の巻<第50回>

■8面
◆連載=田原総一朗の取材ノート(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
「ASEANシフトが高まる」
◆第98回 全国図書館大会・島根大会 報告
◎藤田儒聖(第1分科会第1分散会)「地方から発信 〜がんばる図書館」
◎大野浩(第3分科会)「学校図書館の可能性を探る」
◆受賞
◎第47回新風賞 贈賞式開催
◎第21回山本七平賞・山本七平奨励賞 授賞式開催
◆マガジンレーダー
◎本の雑誌編集部編『別冊本の雑誌16 古本の雑誌』(本の雑誌社)
◆出版メモ
『2013年 若い人に贈る 読書のすすめ』(読書推進協議会がリーフレットを制作)
◎尹相仁、朴利鎮、韓程善、姜宇源庸、李漢正著/舘野拭∵饑鰻徒『韓国における日本文学翻訳の64年』(出版ニュース社)

★今週の書評★
■4面<学術・思想>

◆著:ヨアヒム・ラートカウ『ドイツ反原発運動小史 ―原子力産業・核エネルギー・公共性』(みすず書房)
評:田口卓臣(宇都宮大学准教授)
◆著:沖公祐『余剰の政治経済学』(日本経済評論社)
評:塚本恭章(愛知大学専任教員)
◆著:大田静男『とぅばらーまの世界』(南山舎)
評:酒井正子(琉球弧の歌文化研究・川村学園女子大学教授)

■5面<文学・芸術>

◆著:小川洋子『ことり』(朝日新聞出版)
評:文月悠光(詩人)
◆著:三崎亜記『逆回りのお散歩』(集英社)
評:坂上秋成(文芸評論家)
◆著:岳真也『幕末外交官 ―岩瀬忠震と開国の志士たち』(作品社)
評:菊池仁(文芸評論家)
◆著:阿部日奈子『キンディッシュ』(書肆山田)
評:松井茂(詩人、東京藝術大学芸術情報センター助教)

■6面<読物・文化>

◆著:湯川豊『本のなかの旅』(文藝春秋)
評:鵜飼哲夫(読売新聞記者)
◆著:三浦佑之『古代研究 ―列島の神話・文化・言語』(青土社)
評:樋口淳(専修大学教授・日本民話の会運営委員)
◆著:春原剛『米中百年戦争 ―新・冷戦構造と日本の命運』(新潮社)
評:吉田一彦(神戸大学名誉教授)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。