2013年2月15日号 2977号

268円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
★特集★
◇篠田正浩氏/松田政男氏インタビュー(聞き手:平沢剛)「追悼 大島 渚」
※おおしま・なぎさ氏=映画監督。1月15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市内の病院で死去した。80歳。1932(昭和7)年、京都府生まれ。京都大学法学部卒。1954年に松竹大船撮影所に助監督として入社。59年「愛と希望の街」で監督デビュー。61年独立プロ・創造社を設立し「絞死刑」「少年」などを制作。カンヌ国際映画祭最優秀監督賞ほか受賞も多数。
※しのだ・まさひろ氏=映画監督。株式会社表現社代表取締役、早稲田大学特命教授、日本中国文化交流協会代表理事。1953年に松竹撮影所に入所し、大島渚、吉田喜重とともに松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれる。代表作に「暗殺」「心中天網島」「瀬戸内少年野球団」「写楽」「梟の城 owl’s castle」など多数。平成15年「スパイ・ゾルゲ」 を最後に引退を発表。1931(昭和6)年生。
※まつだ・まさお氏=映画評論家・政治運動家。未來社、現代思潮社などで編集者としても活動。「絞死刑」など映画にも出演。著書に『テロルの回路』『薔薇と無名者 松田政男映画論集』『風景の死滅』『不可能性のメディア』など。1933(昭和8)年生。
※ひらさわ・ごう氏=映画評論家・明治学院大学非常勤講師。編著に『アンダーグラウンド・フィルム・アーカイブス』『ファスビンダー』『若松孝二反権力の肖像』『大島渚著作集』(全四巻)『若松孝二全発言』『1968年文化論』など。1975(昭和50)年生。

★今週の読物★
■1面
◆連載=海岸線<第26回>/笹岡啓子(ささおか・けいこ氏=写真家)
「高知県 室戸岬 2010年」

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第86回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
「旧作をリニューアルしてなぜ悪い!」
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第84回>/椎根和(しいね・やまと氏=元ハナコ雑誌編集長。編集者)
◆連載=ニュー・エイジ登場<第385回>西脇千世「東北の、土地の記憶を紡ぐ」
※にしわき・ちせ氏=地域社会史研究者(民俗学)。宮城県生。東北大学理学研究科博士前期課程終了。
◆著者から読者へ/宮下正次「炭撒きで蘇る緑の地球」(みやした・しょうじ氏=森林(やま)の会代表・登山家)
『野にも山にも炭を撒く ―炭の力で緑の地球に』(五月書房)
◆フォト&アート/コロナ・ブックス編集部
『作家の犬2』(平凡社)
◆連載=漢字点心<第23回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
 「感」 

■5面
◆新刊紹介
谷川俊太郎 著『写真』(晶文社)

■6面
◆新刊紹介
高原たま 編著『エプロンおじさん』(国書刊行会)

■7面
『江分利満家の崩壊』(新潮社)をめぐって ―山口正介(著者)×鈴木邦男対談 
※やまぐち・しょうすけ氏=作家、エッセイスト。著書に『道化師は笑わない』『プラントハンターは殺さない』『親子三人』『アメリカの親戚』『僕の父はこうして死んだ』など。1950(昭和25)年生。
※すずき・くにお氏=政治活動家、一水会名誉顧問。著書に『遺魂』『新・原論の覚悟』『愛国と憂国と売国』『竹中労』『失敗の愛国心』『秘めてこそ力』など。1943(昭和18)年生。

■8面
◆連載=田原総一朗の取材ノート(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
「石川好の重大な発表をどう捉えるか」
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/塩澤実信(しおざわ・みのぶ氏=出版評論家)
幻戯書房「高邁な出版姿勢をかかげて船出」
◆出版メモ
船橋洋一著『カウントダウン・メルトダウン 上・下』(文藝春秋)
◆出版界
関弘子 朗読『谷崎潤一郎訳 源氏物語』全12巻が中央公論新社から配信開始
◆連載=活字シアター<第479回>
◎仏教書出版四〇〇年の「本屋」法藏館の巻<第53回>

★今週の書評★
■4面<学術・思想>
◆著:上田正昭『私の日本古代史(上) 天皇とは何ものか―縄文から倭の五王まで』
『私の日本古代史(下) 『古事記』は偽書か―継体朝から律令国家成立まで』(新潮社)
評:木本好信(甲子園短期大学特任教授)
◆著:加藤幹郎『列車映画史特別講義 ―芸術の条件』(岩波書店)
評:伊藤洋司(中央大学教授)
◆著:スラヴォイ・ジジェク『終焉の時代に生きる』(国文社)
評:市田良彦(神戸大学教員)
◆著:古市憲寿『僕たちの前途』(講談社)
評:武田徹(ノンフィクション作家)

■5面<文学・芸術>
◆著:上林曉『ツェッペリン飛行船と黙想』(幻戯書房)
評:岡崎武志(書評家)
◆著:本合陽『絨毯の下絵 ―十九世紀アメリカ小説のホモエロティックな欲望』(研究社)
評:舌津智之(立教大学教授)
◆著:新田次郎・藤原正彦『孤愁 ―サウダーデ』(文藝春秋)
評:清原康正(文芸評論家)

■6面<読物・文化>
◆著:金益見『性愛空間の文化史 ―「連れ込み宿」から「ラブホ」まで』(ミネルヴァ書房)
評:佐伯順子(比較文化学者・同志社大学大学院教授)
◆著:白倉敬彦『奇想の春画』(洋泉社)
評:石上阿希(立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー)
◆文:ジェラール・ジュファン/写真:クリスティーヌ・バスタン、ジャック・エヴラール『音楽家の家 ―名曲が生まれた場所を訪ねて』(西村書店)
評:下山静香(ピアニスト・桐朋学園大学非常勤講師)
◆著:武内善信『闘う南方熊楠 ―「エコロジー」の先駆者』(勉誠出版)
評:高澤秀次(文芸評論家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。