2013年4月12日号 2985号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
▼特集▼
◇辻 惟雄・木下直之対談 「春画と日本美術」「春画―日本美術の性と楽しみ展」(大英博物館)を東京に◇和合亮一氏インタビュー


▼今週の読物▼
◆連載=海岸線<第34回>「岩手県 宮古市 田老 2012年」/笹岡啓子
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第94回>「性の目覚めの原風景」/横尾忠則
◆著者から読者へ=村中李衣『チャーシューの月』(小峰書店)、歌川 たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(エンターブレイン)
◆フォト&アート=小川忠博 写真/小野正文・堤隆 監修『縄文美術館』(平凡社)
◆連載=漢字点心<第33回> 「?」 /円満字二郎
◆連載=本の国へようこそ<第34回>「仕事」
◆新刊紹介=彩流社編集部 編/中田ひとみ 執筆『日本のお葬式はどう変わったか ―お葬式の今までとこれから』(彩流社)
◆追悼・梅本洋一 / 四方田犬彦
◆連載=田原総一朗の取材ノート「水道橋博士の『藝人春秋』」
◆出版メモ=岩波講座『日本の思想』全8巻が岩波書店から刊行開始。
◆連載=活字シアター<第487回>困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻(第6回)

▼今週の書評▼
―学術・思想―
◆著:ヴォルフガング・シュヴェントカー『マックス・ウェーバーの日本 ―受容史の研究1905-1995』(みすず書房)/評:牧野雅彦(広島大学教授)
◆編著:磯前順一・尹 海東『植民地朝鮮と宗教 ―帝国史・国家神道・固有信仰』(三元社)/評:洪 宗郁(同志社大学准教授)
◆著:山田健太『3・11とメディア ―徹底検証 新聞・テレビ・WEBは何をどう伝えたか』(トランスビュー)/評:小暮修三(東京海洋大学大学院准教授)

―文学・芸術―
◆著:佐伯一麦『還れぬ家』(新潮社)/評:松原新一(文芸評論家)
◆著:辻原 登『冬の旅』(集英社)/評:井口時男(文芸評論家)
◆著:アンカ・ミュルシュタイン『バルザックと19世紀パリの食卓』(白水社)/評:鎌田隆行(信州大学准教授)
◆著:久生十蘭『定本 久生十蘭全集』(国書刊行会)/評:堀切直人(文芸評論家)

―読物・文化―
◆著:沢木 耕太郎『キャパの十字架』(文藝春秋)/評:港 千尋(写真家)
◆著:岡本茂樹『無期懲役囚の更生は可能か ―本当に人は変わることはないのだろうか』(晃洋書房)/評:浅野健一(同志社大学大学院教授)
◆著:林 光『現代作曲家探訪記 ―楽譜からのぞく世界』(ヤマハミュージックメディア)/評:小沼純一(音楽評論家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。