2013年6月28日号 2995号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
▼特集▼
◇座談会=花田達朗・野中章弘・別府三奈子・大石泰彦『エンサイクロペディア 現代ジャーナリズム』『レクチャー 現代ジャーナリズム』刊行を機に―


▼今週の読物▼
■1面
◆連載=海岸線<第44回>/笹岡啓子

■3面
◆文芸同人誌評/白川正芳
(しらかわ・まさよし氏=文芸評論家)
◆「李賀と草森紳一の生涯をよむ」/円満字二郎
草森紳一著『「李賀―垂翅の客」(芸術新聞社)
(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◆文学の時<六月>/安倍夜郎
「6月2日 1740年、マルキ・ド・サド(サド伯爵)生まれる。」
(あべ・やろう氏=漫画家)
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第4回>/水口義朗
「表紙は棟方志功の版画『美神誕生』 60年安保、三井三池争議前の静かなる船出」
(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
◆連載=漢字点心<第43回>/円満字二郎
「 ? 」(音読みで「レイ」) (えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◆フォト&アート/『海藻』
神谷充伸、川井浩史監修『海藻―海の森のふしぎ』(LIXIL出版)
◆精選ブックレット案内(3面〜5面)
各社オススメのブックレットをご紹介。
「ブックレットの魅力― 」/關根志芳子氏(MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店)

■4面
◆スポットライト
日独文化研究所編『文明と哲学 5』(こぶし書房)

■5面
◆新刊紹介
村上政彦著『小説を書いてみよう。』(第三文明社)

■7面
◆連載=活字シアター<第497回>
◎困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻<第16回>

■8面
◆連載=田原総一朗の取材ノート
「渡辺淳一氏の意気込み」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◆受賞
◎第44回大宅壮一ノンフィクション賞、第20回松本清張賞の贈呈式 開催(6月21日、東京・日比谷)
◎第29回太宰治賞授賞式 開催(6月17日、東京)
◎第11回前川佐美雄賞、第21回ながらみ書房出版賞 決定

▼今週の書評▼
■4面<学術 思想>
◆著:菊池理夫『ユートピア学の再構築のために』(風行社)
評:中道寿一(北九州市立大学名誉教授)
◆著:白井 聡『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版)
評:上野俊哉(和光大学教員)
◆編:河東 仁『夢と幻視の宗教史 上』(リトン)
評:荒木 浩(国際日本文化研究センター教授)

■5面<文学 芸術>
◆著:玄侑宗久『光の山』(新潮社)
評:黒古一夫(文芸評論家)
◆著:古川日出男『南無ロックンロール 二十一部経』(河出書房新社)
評:海老原豊(ライター)
◆著:磯?憲一郎『往古来今』(文藝春秋)
評:町口哲生(評論家)
◆著:関谷由美子『<磁場>の漱石―時計はいつも狂っている』(翰林書房)
評:石原千秋(早稲田大学教授)

■6面<読物 文化>
◆著:山口由美『ユージン・スミス―水俣に捧げた写真家の1100日』(小学館)
写真・文:塩田武史『水俣な人―水俣病を支援した人びとの軌跡』(未來社)
評:金平茂紀(TBS報道記者・キャスター)
◆著:伊藤 守『情動の権力』(せりか書房)
評:北野圭介(立命館大学教授)
◆著:佐藤志乃『「朦朧」の時代―大観、春草らと近代日本画の成立』(人文書院)
評:酒井忠康(美術評論家・世田谷美術館館長)
◆著:大森暁生『月痕』(マリア書房)
評:小菅正夫(獣医師・旭川動物園元園長)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。