2013年7月12日号 2997号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
▼特集▼
◇セルジュ・ラトゥーシュから日本人への提言 『<脱成長>は、日本を変えられるか?』(作品社)刊行を機に―


▼今週の読物▼
■1面
◆連載=海岸線<第46回>/笹岡啓子
「青森県 八戸市 種差海岸 2013年」(ささおか・けいこ氏=写真家)

■3面
◆映画時評<7月>/伊藤洋司
ミゲル・ゴメス監督作品『熱波』―古典的な風情と大胆な前衛性
他に、『インポッシブル』『グランド・マスター』『言の葉の庭』などが面白かった。
(いとう・ようじ氏=中央大学教授)
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第100回>/横尾忠則
「病気を祝祭で飾る」(よこお・ただのり氏=美術家)
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第6回>/水口義朗
総合雑誌ふうトップ記事「世界に名をあげたソニーのトランジスタ・ラジオ」
(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
◆連載=漢字点心<第45回>/円満字二郎
「 熾 」 (えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◆連載=本の国へようこそ<第37回>「自由研究」
◎荒井真紀 文・絵
 『ひまわり』(金の星社)
◎こすぎけいこ 文・絵
 『きる・おる』(福音館書店)
◎エド・エンバリー 作・絵
 『しもんスタンプでかいてみよう』(偕成社)
◎小林眞理子
『煮干しの解剖教室』(仮説社)
◎窪寺恒己 著
『深海の怪物―ダイオウイカを追え!』(ポプラ社)
◎林信太郎 著・川野郁代 絵
『世界一おいしい火山の本 チョコやココアで噴火実験』(小峰書店)
◎『月刊みんぱく』編集部 編
『食べられる生きものたち』(丸善出版)
◎有沢重雄 文・月本佳代美 絵
『自由研究図鑑』(福音館書店)
<選書協力/
銀座教文館 子どもの本のみせナルニア国 菅原幸子さん>

■6面
『オクサ・ポロック』(西村書店)の魅力大研究
◎第一巻を読んで―佐々木えるざさん、青山学院高等部図書委員会メンバーによる読書会より〜
◎エッセイ/佐藤賢一「生意気ざかりの世代に」
(さとう・けんいち氏=作家)

■8面
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/塩澤実信
「文庫の古典的イメージを甦らせた草思社」
(しおざわ・みのぶ氏=出版評論家)
◆追悼=「清水英夫の思想を振り返る」/山田健太
※しみず・ひでお氏=青山学院大名誉教授。法学者。著書に『法学部物語』(一粒社)、『表現の自由と第三者機関―透明性と説明責任のために』(小学館新書)ほか多数。
※やまだ・けんた氏=専修大学教授。

▼今週の書評▼
■4面<学術 思想>
◆著:佐藤雅浩『精神疾患言説の歴史社会学』(新曜社)
評:江口重幸(精神科医)
◆著:スラヴォイ・ジジェク『2011 危うく夢見た一年』(航思社)
評:市田良彦(神戸大学教員)
◆編:市野川容孝・宇城輝人『社会的なもののために』(ナカニシヤ出版)
評:毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)
◆著:アルフォンソ・カリオラート、ジャン=リュック・ナンシー『神の身振り―スピノザ『エチカ』における場について』(水声社)
評:西山雄二(首都大学東京准教授)

■5面<文学 芸術>
◆著:鈴木道彦『マルセル・プルーストの「誕生」―新編プルースト論考』(藤原書店)
評:芳川泰久(文芸評論家・早稲田大学教授)
◆著:リチャード・パワーズ『幸福の遺伝子』(新潮社)
評:阿部公彦(東京大学准教授)
◆著:トレイシー・K・スミス『LIFE ON MARS 火星の生命』(平凡社)
評:和合亮一(詩人)
◆著:宮脇俊文『「グレート・ギャッツビー」の世界 ダークブルーの夢』(青土社)
評:野間正二(佛教大学教授)

■7面<読物 文化>
◆著:濱田武士『漁業と震災』(みすず書房)
評:斎藤貴男(ジャーナリスト)
◆著:アレクセイ・V・ヤブロコフ、ヴァシリー・B・ネステレンコ、アレクセイ・V・ネステレンコ、ナタリヤ・E・プレオブラジェンスカヤ 監訳:星川淳『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』(岩波書店)
評:本橋哲也(東京経済大学教授)
◆著:石鍋真澄『フィレンツェの世紀 ルネサンス美術とパトロンの物語』(平凡社)
評:池上英洋(東京造形大学准教授)
◆著:斎藤卓志『素顔の新実南吉 避けられない死を前に』(風媒社)
評:上 笙一郎(児童文学評論家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。