2014年5月9日号(2日合併) 3038号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
<特集>
◇緑慎也氏(科学ジャーナリスト)インタビュー 「論文捏造」疑惑の根本にある問題を全て解説します。―
※みどり・しんや氏=科学ジャーナリスト。訳書『図説アラビア文字辞典』など。共著『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』



  

<今週の読み物>
■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<第140回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
「不眠には無心と夢心?! 作品は破壊を最前線に」
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命?末記<第45回>/水口義朗(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
「マイホーム力士と八百長ドラマの味 50年前、相撲の近代化を嘆く作家アリ」
◆文芸同人誌評/白川正芳(しらかわ・まさよし氏=文芸評論家)
渡邊久美子「うすあかり」、勢陽本覚寺・釈恵照「天竺記」ほか。
◆受賞=第二十一回 松本清張賞決定
(4月24日、東京・丸の内にて)
◆連載=漢字点心<第84回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
「農」 

■4面
◆論潮<5月>/中島一夫(なかじま・かずお氏=批評家)
「リオリエント的歴史観への転回」

■5面
◆文芸<5月>/町口哲生(まちぐち・てつお氏=評論家・哲学専攻)
「群像」−村田沙耶香「殺人出産」、「すばる」−佐川光晴「おれたちの故郷」・早助よう子「妊娠同盟」他

■7面
◆連載=活字シアター<第535回>
◎困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻<第54回>

■8面
◆特集=こどもの日に大人が考えること
◎五味太郎氏語る
※ごみ・たろう氏=絵本作家。『みち』『さる・るるる・る』『あっ・ほっ』他。



  

◎上橋菜穂子氏に聞く
※うえはし・なほこ氏=作家。川村学園女子大学特任教授。『精霊の守り人』『狐笛のかなた』『獣の奏者』他。



  

  

<今週の書評>
■4面<学術 思想>
◆著:ブリュノ・ベルナルディ 、編:三浦信孝『ジャン=ジャック・ルソーの政治哲学 一般意志・人民主権・共和国』(勁草書房)
評:田口卓臣(宇都宮大学准教授)


◆著:徐京植・高橋哲哉・韓洪九『フクシマ以後の思想をもとめて 日韓の原発・基地・歴史を歩く』(平凡社)
評:田仲康博(国際基督教大学上級准教授)


■5面<文学 芸術>
◆著:高良留美子『樋口一葉と女性作家 志・行動・愛』(翰林書房)
評:長谷川哲(城西短期大学客員教授、女性文学研究家)


◆著:谺雄二、編:姜信子『死ぬふりだけでやめときや 谺雄二詩文集』(みすず書房)
評:荒井裕樹(二松学舎大学特任講師)


■6面<読物 文化>
◆著:柏木博『日記で読む文豪の部屋』(白水社)
評:内田青蔵(神奈川大学教授)


◆編:マイク・ストーリー/ピーター・チャイルズ/監訳:塩谷清人『イギリスの今 [第四版]−文化的アイデンティティ』(世界思想社)
評:立石弘道(日本大学大学院講師)


◆著:原克『OL誕生物語 タイピストたちの憂愁』(講談社)
評:村上潔(立命館大学特別招聘准教授)


◆著:加藤直樹『九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響』(ころから)
評:石井正己(東京学芸大学教授)

この商品を買った人はこの商品も買っています

  • 2014年7月11日号 2014年7月11日号

    ◇座談会=竹内洋×佐藤卓己×稲垣恭子×大澤聡<論壇雑誌の過去、現在、未来」>

    280円(税込)

  • 2014年7月25日号 2014年7月25日号

    ◇44人へのアンケート特集  2014年上半期の収穫から 印象に残った本132冊

    300円(税込)

  • 2013年10月25日号 2013年10月25日号

    ◇山田正行・矢野久美子=対談ハンナ・アーレント再考

    268円(税込)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。