2014年6月6日号 3042号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
<特集>
◇塩川伸明・渋谷謙次郎対談「ウクライナ問題、ここを理解しないと絶対に見えてこないこと」
※しおかわ・のぶあき氏=東京大学名誉教授・ロシア/旧ソ連諸国近現代史専攻。著書『民族とネイション』など。
※しぶや・けんじろう氏=神戸大学教授・ロシア法・民族問題専攻。論文『現代ロシアの国家統一と民族関係立法』など。



■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第4回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<装甲車>1967 シリーズ「過激派」 

■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<第144回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
「捨て猫だったタマ、また一緒の家族になろう。」 
◆文芸同人誌評/白川正芳(しらかわ・まさよし氏=文芸評論家)
青江由紀夫「銀次郎の日記」(「海峡派」130号)、倉谷ひろたか「詩篇 月に沈む」(「北狄」ほくてき、創刊六十周年・三六六号発刊記念)、ひろせみく「ざぼん、どぼん、ちゃぽん」(『第九回 笠岡市木山捷平文学選奨 平成25年度入賞作品集』)他。 
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第48回>/水口義朗(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
「オバマ訪日、すし屋と宮中晩餐会 新安保批准に、アイク訪日待った!! (安保前夜4) 」
◆連載=漢字点心<第88回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
「糎」※読み「センチメートル」  
◆文庫日和
岩崎均史著『いろは判じ絵 ―江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解き』(青幻舎))


■4面
◆論潮<6月>/中島一夫(なかじま・かずお氏=批評家)
◎「スキゾ」から「アスペ」へ 
◆狩野亭吉評価の極み/鈴木正(すずき・ただし氏=名古屋経済大学名誉教授)

■5面
◆文芸<6月>/町口哲生(まちぐち・てつお氏=評論家・哲学専攻)
◎横山悠太の比類なき怪物作『吾輩ハ猫ニナル』(群像)他。



■7面
◆追悼・大橋健三郎先生/平石貴樹(ひらいし・たかき氏=東京大学名誉教授)
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森彰英(もり・あきひで氏=フリーライター)
「雑誌『ムー』(学研パブリッシング)」 (下)
 
■8面
◆連載=活字シアター<第539回>
◎困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻<第58回>
◆『嶋田厚著作集 全3巻』(新宿書房)の刊行について聞く
(しまだ・あつし氏=筑波大学名誉教授。文明批評家。著書『デザインの哲学』

<今週の書評>
■4面<学術 思想>
◆著:三輪健太朗『マンガと映画 コマと時間の理論』(NTT出版)
評:斎藤光(京都精華大学教授科学史・科学論専攻)


◆編:中里まき子『トラウマと喪を語る文学』(朝日出版社)
評:畠山達(日本大学准教授)

■5面<文学 芸術>
◆著: ボフミル・フラバル『剃髪式』(松籟社)
評:加藤有子(名古屋外国語大学准教授)


◆著:アン・ビーティ『この世界の女たち アン・ビーティ短篇傑作選』(河出書房新社)
評:上原尚子(翻訳者、ライター)



■6面<読物 文化>
◆著: 諫早勇一『ロシア人たちのベルリン 革命と大量亡命の時代』(東洋書店)
評:木村汎(北海道大学名誉教授)


◆著: 多田満『センス・オブ・ワンダーへのまなざし―レイチェル・カーソンの感性』(東京大学出版会)
評:戸田清(長崎大学教員)


◆著:高槻真樹『戦前日本SF映画創世記―ゴジラは何でできているか』(河出書房新社)
評:北島明弘(映画評論家)


◆著:松本徹『天神への道 菅原道真』(試論社)
評:勝又活(文芸評論家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。