2012年2月17日号 2927号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>

■1面
◆連載=彩祭流転<第30回>/下平竜矢
埼玉県東秩父村「朝日根の獅子舞」2009年(しもひら・たつや氏=写真家)

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第39回>/横尾忠則
「絵に長ったらしい題名をつけた理由は」(よこお・ただのり氏=美術家)
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第36回>椎根 和
(しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)
◆連載=読写!一枚の写真から<第10回>岩尾光代
牛込弁天町・多聞院「須磨子の墓を立て直す女優たち」(「歴史写真」大正十三年四月号より)
(いわお・みつよ氏=ジャーナリスト)
◆著者から読者へ/円満字 洋介
名建築500!マニアなガイドマップ『京都 大阪 神戸 [名建築]ガイドマップ』(エクスナレッジ)
(えんまんじ・ようすけ氏=一級建築士・円満字建築事務所代表)
◆文庫日和
石川啄木著・近藤典彦編『復元 啄木新歌集』(桜出版)

■6面
◆新刊紹介
泉 麻人著『昭和切手少年』(日本郵趣出版・郵趣サービス社発売)

■7面
◆石井光太×蔵前仁一トークイベント「旅の物語、物語の旅」レポート
◆活動家の実像 ―故・武井昭夫のこと/武井美子
◆連載=活字シアター<第438回>
◎仏教書出版四〇〇年の「本屋」法藏館の巻<第13回>

■8面
◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗
「家電メーカーが赤字経営に」
(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)

◆元気に、出版。出版、元気に。=塩澤実信
教文館 ―宗教観に裏打ちされた出版姿勢(しおざわ・みのぶ氏=出版評論家)

◆受賞
◎朝日賞、大佛次郎賞・論壇賞、朝日スポーツ賞、贈呈式開催

◆ブックフェア「新型うつ」その治療法と対処法
八重洲ブックセンター本店で開催中

<今週の書評>
■4面<学術・思想>
◆著:與那覇 潤『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋)
評:伊東貴之(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)
◆著:桑野 隆『バフチン』(平凡社)
評:貝澤 哉(早稲田大学教授)
◆著:ジャン=クレ・マルタン『フェルメールとスピノザ <永遠>の公式』(以文社)
評:加國尚志(立命館大学教授)
◆著:メラニー・ミッチェル『ガイドツアー 複雑系の世界 サンタフェ研究所講義ノートから』(紀伊國屋書店)
評:緑 慎也(ライター)

■5面<文学・芸術>
◆著:ジョン・アーヴィング『あの川のほとりで 上・下』(新潮社)
評:大串尚代(慶應義塾大学准教授)
◆著:マリオ・バルガス=リョサ『悪い娘の悪戯』(作品社)
評:立林良一(同志社大学准教授)
◆著:樋口良澄『唐十郎論 逆襲する言葉と肉体』(未知谷)
評:堀切直人(文芸評論家)
◆著:黒古一夫『辻井喬論 修羅を生きる』(論創社)
評:松原新一(文芸評論家)

■6面<読物・文化>
◆監修:日伊協会/編:イタリア文化事典編集委員会『イタリア文化事典』(丸善出版)
評:北原 敦(北海道大学名誉教授)
◆著:西谷能英『出版文化再生 あらためて本の力を考える』(未來社)
    『ある軌跡 未來社15年の記録』(未來社)
評:諸橋泰樹(フェリス女学院大学教員・日本出版学会副会長)
◆著:土屋礼子『対日宣伝ビラが語る太平洋戦争』(吉川弘文館)
評:猪狩誠也(東京経済大学名誉教授・日本広報学会顧問)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。