2012年10月5日号 2959号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
◆連載=海岸線<第9回>/笹岡啓子
「青森県 陸奥湾 狩場沢 2008年」(ささおか・けいこ氏=写真家)

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第70回>/横尾忠則
「三宅一生さんとの仕事 ―パリコレの招待状―」(よこお・ただのり氏=美術家)

◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第67回>/椎根 和
(しいね・やまと氏=元ハナコ雑誌編集長。編集者)

◆連載=漢字点心<第8回>/円満字二郎
 「呟」 (えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)

■4面
◆論潮<10月>/古市憲寿
「40年間で何が変わったのか ―日中関係は悪化したが、多くの人は普段と変わりのない生活を送る」
(ふるいち・のりとし氏=東京大学大学院博士課程・社会学専攻)

■5面
◆文芸<10月>/楜沢 健
「はてしなき殲滅戦 ―この間の問題を考えるヒントとなる三崎亜記作品」
(くるみさわ・けん氏=文芸評論家)

■7面
◆文芸同人誌評/白川正芳
伊藤文子(イトーキ顧問)「倭(やまと)は国のまほろば その一(享保年間)重要文化財の家」(「ほほづゑ」73号)、吉井恵璃子「二の糸 三番」(「農民文学」二九八号)ほか (しらかわ・まさよし氏=文芸評論家)

◆週刊読書人も参加!<本の楽市@高円寺フェス2012>
◎10/27(土)・10/28(日)

■8面
◆細江英公人間写真集『創世記―若き日の芸術家たち』(国書刊行会)刊行
細江英公×平野啓一郎トークイベント採録(青山ブックセンター本店)

<今週の書評>
■4面<学術・思想>
◆編:山本英輔・小柳美代子・齋藤元紀・相楽勉・関口浩・陶久明日香・森一郎『科学と技術への問い ―ハイデッガー研究会第三論集』(理想社)
評:小林信之(早稲田大学教授)
◆編:土屋由香・吉見俊哉『占領する眼・占領する声 CIE/USIS映画とVOAラジオ』(東京大学出版会)
評:小暮修三(東京海洋大学大学院准教授)

■5面<文学・芸術>
◆著:伊藤計劃×円城 塔『屍者の帝国』(河出書房新社)
評:藤田直哉(SF評論家)
◆著:高野史緒『カラマーゾフの妹』(講談社)
評:福井健太(書評家)

■7面<読物・文化>
◆著:長谷正人『敗者たちの想像力  脚本家 山田太一』(岩波書店)
評:藤田真文(法政大学教授)
◆著:孫崎 享『戦後史の正体 1945−2012』(創元社)
評:吉田一彦(神戸大学名誉教授)
◆著:NHKスペシャル取材班・山辺昌彦『東京大空襲―未公開写真は語る―』(新潮社)
◆著:NHKスペシャル取材班『東京大空襲―発掘された583枚の未公開写真を追う―』(新潮社)
評:稲垣真澄(評論家)
◆著:舘野泉・中村桂子・加古里子・松居直『リレートーク 言葉の力 人間の力』(佼成出版社)
評:稲垣美晴(翻訳家、猫の言葉社代表)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。