2012年11月23日号 2966号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
◆連載=海岸線<第16回>/笹岡啓子
「福島県 相馬市 松川浦 2011年」(ささおか・けいこ氏=写真家)

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第77回>/横尾忠則
「劇場もしくは着物のようなブックデザイン」(よこお・ただのり氏=美術家)

◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第74回>/椎根 和
(しいね・やまと氏=元ハナコ雑誌編集長。編集者)

◆著者から読者へ/栩木伸明
夢想と実景のアイルランド『アイルランド紀行 ―ジョイスからU2まで』(中央公論新社)
(とちぎ・のぶあき氏=早稲田大学教授、翻訳家)

◆文学の時=安倍夜郎<十一月>
1867(慶応3)年11月15日
坂本龍馬暗殺される この日は龍馬の誕生日(享年33歳)
(あべ・やろう氏=漫画家)

◆集英社出版四賞 贈賞式開催
◎第25回「柴田錬三郎賞」、第36回「すばる文学賞」、第25回「小説すばる新人賞」、第10回「開高健ノンフィクション賞」

◆連載=漢字点心<第15回>/円満字二郎
 「植」 (えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)

■6面
◆シリーズ 日展と私ァ…刻家・中村晋也氏インタビュー
「芸術は個のもの、芸術は言葉」 ―第44回 日展 12月9日まで―

■8面
◆田原総一朗の取材ノート
「中国における経済と政治の矛盾」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)

◆書店読売中公会が総会開催
白石社長が軽減税率求める

◆『新潮』12月号が文芸誌としては異例の増刷
安部公房氏の幻の最初小説を一挙掲載

◆野間読書推進賞の贈呈式が開催

◆連載=活字シアター<第471回>
仏教書出版四〇〇年の「本屋」法藏館の巻<第45回>

<今週の書評>
■4面<学術・思想>
◆著:ジャン=リュック・ナンシー『フクシマの後で ―破局・技術・民主主義』(以文社)
評:西山雄二(首都大学東京准教授)

◆著:佐藤 猛『百年戦争期フランス国制史研究 ―王権・諸侯国・高等法院』(北海道大学出版会)
評:?木勇夫(名古屋工業大学教授)

◆著:ヴォルフガング・ブランケンブルク『目立たぬものの精神病理』(みすず書房)
評:小俣 和一郎(精神科医・上野メンタルクリニック院長)

◆著:オリオン・クラウタウ『近代日本思想としての仏教史学』(法藏館)
評:島田裕巳(作家・宗教学者)

■5面<文学・芸術>
◆著:リチャード・パワーズ『エコー・メイカー』(新潮社)
評:木原善彦(大阪大学准教授)

◆著:安藤礼二『祝祭の書物 ―表現のゼロをめぐって』(文藝春秋)
評:池田雄一(文芸評論家)

◆著:橋本 治『幸いは降る星のごとく』(集英社)
評:神田法子(ライター)

◆著:東 直子『キオスクのキリオ』(筑摩書房)
評:小池昌代(詩人・作家)

■7面<読物・文化>
◆編:吉田則昭・岡田章子『雑誌メディアの文化史 ―変貌する戦後パラダイム』(森話社)
評:難波功士(関西学院大学教授)

◆著:港 千尋『ヴォイドへの旅 ―空虚の創造力について』(青土社)
評:木下史青(東京国立博物館・学芸企画部企画課・デザイン室長)

◆著:菅 直人『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(幻冬舎)
評:岳 真也(作家・歴史時代作家クラブ代表幹事)

◆著:松浦 弥太郎『暮しの手帖日記』(暮しの手帖社)
評:影山裕樹(編集者)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。