2011年2月11日号 2876号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
▼特集▼
対談=渡邉美樹・松森果林「あたたかい社会、街づくりへ―手話というコミュニケーションを通して―」―松森果林著『誰でも手話リンガル』(明治書院)刊行を機に―
※渡邉美樹著書『父と子の約束』『夢のスイッチ』ほか。
※松森花林著書『星の音が聴こえますか』『ゆうことカリンのバリアフリー・コミュニケーション』ほか。

▼今週の読物▼
■1面
◆連載 「離島航路」<第23回>/百々武(どど・たけし氏=写真家)
 「東京都 『父島』 2004年」 

■3面
◆連載 「映画時評」<2月>伊藤洋司(いとう・ようじ氏=中央大学准教授)
ジョニー・トー&ワイ・カーファイ作品「MAD探偵 7人の容疑者」他
◆連載 「ニュー・エイジ登場」<第361回>
 綾屋紗月「支配や排除なくつながるために」
(あやや・さつき氏=東京大学先端科学技術研究センター研究者支援員)
◆連載 著者から読者へ/
ネルケ無方著『迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教』(新潮社)
―「迷える”私”の日本仏教」 (ねるけ・むほう氏=曹洞宗・安泰寺住職)
◆連載 「フォト&アート」/ラジャ・ラトナ・スタピット写真・文
『素顔のカトマンドゥ―日本が教えてくれた故郷』(弦書房)
◆連載 「本の国へようこそ」<第8回 鬼と豆>
◎まついのりこ作『まめまきこびとのおはなし』(童心社)
◎斎藤隆介作・滝平二郎絵『ソメコとオニ』(岩崎書店)
◎安房直子作・味戸ケイコ絵『花豆の煮えるまで 小夜の物語』(偕成社)
◎トミー・ウンゲラー著、たむらりゅういち・あそうくみ訳『ゼラルダと人喰い鬼』(評論社)
◎ジョセフ・ジェイコブス作・木下順二訳・瀬川康男絵
『ジャックと豆のつる―イギリス民話選』(岩波書店)
◎伊藤遊作・太田大八画『鬼の橋』(福音館書店)
◎ヒサクニヒコ作・絵『オニの生活図鑑』(国土社)
◎小松和彦監修『妖怪絵巻―日本の異界をのぞく』(別冊太陽・平凡社)

■6面
◆新刊紹介 西江肇司著『PR最強集団のTOPが教える―モノの広め方』
(アメーバブックス新社発行・幻冬舎発売)

■7面
◆活字シアター<第392回>
◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第26回> 

■8面
◆連載=田原総一朗の取材ノート「名古屋、大阪で中央へ反乱」
(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◆受賞 第56回角川短歌賞・俳句賞贈呈式開催(1月21日、東京・千代田区)
◆出版メモ
◎文芸社刊行/文芸社文庫・第1回配本
Jamais Jamais『B型自分の説明書』、『A型自分の説明書』、『AB型自分の説明書』 他、計10冊
◎草思社刊行/草思社文庫・第1回配本
齋藤孝『声に出して読みたい日本語 1・2』
横山早紀江『めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる』
長谷川博一『お母さんはしつけをしないで』 他、計6冊
◎暮しの手帖社刊行/暮しのエッセイ復刻新装版「暮しの手帖 エッセイライブラリー」
刊行開始/沢村貞子著『私の浅草』、大村しげ著『京暮し』
◆出版界 「出版科学研究所」/2010年出版物発行・販売概況発表
◆読書人登場 「私の読書」/武西良和(詩人)


今週の書評

■4面
◆監修:エマニュエル・ル =ロワ=ラデュリ/監修・編:アンドレ・ビュルギエール『アナール 1929―2010 機塾鮖砲梁仂櫃畔法 1929−1945』(藤原書店)
評:立川孝一(筑波大学教授)
◆著:大田信良『帝国の文化とリベラル・イングランド―戦間期のイギリスのモダニティ』(慶應義塾大学出版会)
評:遠藤不比人(成蹊大学教授)
◆編訳:荒井 献・大貫 隆『グノーシスの変容―ナグ・ハマディ文書・チャコス文書』(岩波書店)
評:大田俊寛(埼玉大学非常勤講師)

■5面
◆編:レナード・S・マーカス『伝説の編集者 ノードストロムの手紙―アメリカ児童書の舞台裏』(偕成社)
評:西村醇子(白百合女子大学非常勤講師)
◆著:山根道公『遠藤周作『深い河』を読む― マザー・テレサ、宮沢賢治と響きあう世界』(朝文社)
評:富岡幸一郎(文芸評論家)
◆著:殿岡駿星『橋本夢道物語―妻よおまえはなぜこんなに可愛いんだろうね』(勝どき書房)
評:須藤 徹(俳人)
◆著:鏑木 蓮『見えない鎖』(潮出版社)
評:中辻理夫(文芸評論家)

■6面

◆編著:NHKクローズアップ現代取材班『助けてと言えない―いま30代に何が』(文藝春秋)
 編著:NHK「無縁社会プロジェクト」取材班『無縁社会―“無縁死”三万二千人の衝撃』(文藝春秋)
評:斎藤貴男(ジャーナリスト)
◆著:桃井和馬『妻と最期の十日間』(集英社)
評:國森康弘(フォトジャーナリスト)
◆著:萩野正昭『電子書籍奮戦記』(新潮社)
  著:津野海太郎『電子本をバカにするなかれ―書物史の第三の革命』(国書刊行会)
評:福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。