2011年2月25日号 2878号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
 ◆連載=離島航路/百々 武<第25回>「北海道 『奥尻島』 2003年」 (どど・たけし氏=写真家)

■4面
 ◆新刊紹介=井波律子著『キーワードで読む「三国志」』(潮出版社)

■6面
 ◆「精選ブックガイド」    (クイズ付き―ヒント『だいじょうぶかなあ森や海』女子パウロ会刊行)

■7面
 ◆連載=活字シアター<第394回>
     ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第28回>

■8面
 ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。
      /森 彰英/団塊の世代がリスナーの中心 ―雑誌「ラジオ深夜便」は音と活字の融合で王道を歩む(下)
                                                 (もり・あきひで氏=フリーライター)
         ※「ラジオ深夜便」=月刊誌。毎月18日発売。NHKサービスセンター刊行。
 ◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「小沢一郎を抹殺する官僚機構」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
 ◆受賞=第144回芥川賞・直木賞贈呈式開催(2/18日、東京・丸の内にて)
 ◆読書人登場=奥村正男氏(京都府南丹市)―「大逆事件」をめぐる本―
 


<今週の書評>
著者・書名・出版社・評者
■3面 学術・思想
 ◆井上正也著『日中国交正常化の政治史』(名古屋大学出版会)/関 智英(東京大学大学院博士課程)
 ◆アントニオ・ネグリ著『革命の秋(とき)―いまあるコミュニズム』(世界書院)/沖 公祐(香川大学准教授)
 ◆アーサー・I・ミラー著『137 ―物理学者パウリの錬金術・数秘術・ユング心理学をめぐる生涯』(草思社)/金子 務(科学史家)
 ◆門脇俊介著『破壊と構築―ハイデガー哲学の二つの位相』(東京大学出版会)/細見和之(大阪府立大学教授)

■4面 文学・芸術
 ◆三浦哲郎著『師・井伏鱒二の思い出』(新潮社)/東郷克美(早稲田大学名誉教授)
 ◆イヴ=アラン・ボワ/ロザリンド・E・クラウス著『アンフォルム―無形なものの事典』(月曜社)/湯山光俊(文筆家)
 ◆限界小説研究会編『サブカルチャー戦争―「セカイ系」から「世界内戦」へ』(南雲堂)/町口哲生(評論家・哲学専攻)
 ◆ピーター・シャビエル著『マリアの涙』(マガジンハウス)/寺田 操(詩人)

■5面 読物・文化
 ◆鈴木俊幸著『江戸の本づくし―黄表紙で読む江戸の出版事情』(平凡社)/橋口侯之介(誠心堂書店主)
 ◆山田宏一著『映画の夢、夢のスター』(幻戯書房)/渡部 幻(ライター)
 ◆金井美恵子著『猫の一年』(文藝春秋)/城殿智行(評論家・大妻女子大学短期大学部准教授)
 ◆石川直樹著『CORONA』(青土社)/倉石信乃(明治大学准教授)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。