2011年4月8日号 2884号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
 ◆連載=離島航路/百々 武<第31回>「北海道 利尻島 2003年」 (どど・たけし氏=写真家)
■3面 
 ◆連載=映画時評<4月>伊藤洋司/堀禎一監督作品「魔法少女を忘れない」
                           (いとう・ようじ氏=中央大学准教授)
 ◆著者から読者へ/森 絹江『がん治療 迷いのススメ セカンドオピニオン活用術』
                               (渡辺 亨/森 絹江著・朝日新聞出版刊行)
   ―「がん当事者」と専門家が記す セカンドオピニオン活用術 (もり・きぬえ氏=フリーライター)
 ◆新連載=読写(どくしゃ)!一枚の写真から<第1回>
     /岩尾光代「第二次臨時議会開院式から帰る大正天皇」 (いわお・みつよ氏=ジャーナリスト)
 ◆連載=本の国へようこそ<第10回 元気をだして>
       ◎ジョン・バーニンガムさく 渡辺茂男やく『ずどんと いっぱつ』(童話館出版)
       ◎ウィリアム・スタイグ せたていじやく『ねずみとくじら』(評論社)
       ◎谷川俊太郎文 和田誠絵『ともだち』(玉川大学出版部)
       ◎セシル・ジョスリン 文 モーリス・センダック 絵 たにかわしゅんたろう訳
                             『それ ほんとう?』(岩波書店)
       ◎興安 蓮見治雄文・解説『アローハンと羊』(こぐま社)
       ◎シビル・ウェッタシンハ 松岡享子・訳『わたしのなかの子ども』(福音館書店)
       ◎フランシスコ・ヒメネス 千葉茂樹・訳『この道のむこうに』(小峰書店)
       ◎まど・みちお『どんな小さなものでも みつめていると 宇宙につながっている』(新潮社)
 ◆フォト&アート/ルキノプロジェクト制作『トーキョールキノグラフ』 (書肆侃侃房)
■7面
 ◆連載=活字シアター<第399回>
     ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第33回>
■8面
 ◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「中国が日本の原発事故を心配」
                                 (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
 ◆出版メモ=研究社刊行『新カトリック大事典』第4巻・完結
        /興山舎刊行『史実 中世仏教 第1巻』
 ◆受賞=第3回 田辺聖子ジュニア文学賞表彰式開催(3/23日、大阪)
      /第18回 野間文芸翻訳賞決定(贈呈式予定:9/1日、北京・釣魚台)
      /第45回 詩人会議新決定人賞(贈呈式予定:5/28日、東京・新宿)
 ◆連載=読書人登場/諸岡 弘氏(京都市)「子どもたちと絵本を楽しむ生活を謳歌」


 <今週の書評> 
■4面<学術・思想>
 ◆編著:檜垣立哉『生権力論の現在― フーコーから現代を読む』(勁草書房)
                                          /評:金森 修(東京大学教授)
 ◆著:鈴木範久
   『近代日本のバイブル―内村鑑三の『後世への最大遺物』はどのように読まれてきたか』(教文館)
                                              /評:長澤源夫(一円塾主宰)
 ◆著:ピエール・ブーレッツ『20世紀ユダヤ思想家―来るべきものの証人たち』(みすず書房)
                                   /評:徳永 恂(大阪大学名誉教授)
■5面<文学・芸術>
 ◆編:新・フェミニズム批評の会『大正女性文学論』(翰林書房)/評:菅 聡子(お茶の水女子大学教授)
 ◆著:関谷 博『幸田露伴の非戦思想―人権・国家・文明−<少年文学>を中心に』(平凡社)
                                            /評:尾西康充(三重大学教授)
 ◆著:黒古一夫『『1Q84』批判と現代作家論』(アーツアンドクラフツ)/評:楜沢 健(文芸評論家)
 ◆著:米田夕歌里『トロンプルイユの星』(集英社)/評:後藤聡子(麻布中学校・高等学校教諭/博士)
■6面<読物・文化>
 ◆著:白石仁章『諜報の天才 杉原千畝』(新潮社)/評:松浦 寛(上智大学講師)
 ◆著:山本武利『朝日新聞の中国侵略』(文藝春秋)/評:前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)
 ◆著:佐藤郁哉・芳賀学・山田真茂留『本を生みだす力―学術出版の組織アイデンティティ』(新曜社)
                                    /評:長谷川 一(明治学院大学教授)
 ◆著:ローリー・アン・フリーマン『記者クラブ―情報カルテル』(緑風出版)
                                  /評:山田健太(専修大学准教授)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。