2011年4月22日号 2886号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
 ◆連載=離島航路<第33回>/百々 武「香川県 伊吹島 2005年」 (どど・たけし氏=写真家)

■3面 
 ◆新連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第1回>/横尾忠則「埋葬と復活」(よこお・ただのり氏=美術家)
 ◆連載=著者から読者へ/堀井光俊著『「少子化」はリスクか』(秀明出版会発行・SHI発売)
          「少子化不安の正体」      (ほりい・みつとし氏=秀明大学准教授)
 ◆連載=ニュー・エイジ登場<第364回>/山口優夢「世界は、僕の知らない僕の中に」
                                      (やまぐち・ゆうむ氏=俳人)
 ◆受賞=平成二十三年度 吉川英治賞贈呈式開催(4月11日、東京・千代田区)
       <文学賞・文学新人賞・文化賞>

■7面
 ◆連載=活字シアター<第401回>
     ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第35回>

■8面
 ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英
                   /蓄積された財産に新しい価値を与える「美空ひばりトレジャーズ」(下)
 ※「美空ひばりトレジャーズ」=日本コロムビア創立100周年企画。2011年1月19日発売/監修・加藤和也
                                            (もり・あきひで氏=フリーライター)
 ◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「原発事故をめぐる風評被害」
                                    (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
 ◆連載=読書人登場/二志 亜(文化団体役員)「ハーバード・ノーマンの死に寄せた桑原武夫の追悼」
 ◆受賞=2011年本屋大賞発表会開催(4月12日、東京・港区)
           <受賞作品>東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』(小学館)
      /第54回群像新人文学賞決定(講談社主催、授賞式予定:5月9日)


 <今週の書評>
■4面<学術・思想>
 ◆著:大橋完太郎『ディドロの唯物論―群れと変容の哲学』(法政大学出版局)
   /評:田口卓臣(宇都宮大学教員)
 ◆著:與那覇 潤『帝国の残影―兵士・小津安二郎の昭和史』(NTT出版)/評:苅部 直(東京大学教授)
 ◆著:チャールズ・テイラー『近代―想像された社会の系譜』(岩波書店)
   /評:高田宏史(早稲田大学政治経済学術院助教)

■5面<文学・芸術>
 ◆編:?樹のぶ子『天国の風―アジア短篇ベスト・セレクション』(新潮社)/評:中沢けい(作家)
 ◆著:池上永一『統ばる島』(ポプラ社)/評:須藤 徹(俳人)
 ◆著:柏木 博『探偵小説の室内』(白水社)/評:林 浩平(詩人、恵泉女学園大学特任准教授)
 ◆著:松村昌家『文豪たちの情と性へのまなざし―逍遥・漱石・谷崎と英文学』(ミネルヴァ書房)
   /評:坂本公延(広島大学名誉教授)

■6面<読物・文化>
 ◆著:江利川春雄『受験英語と日本人―入試問題と参考書からみる英語学習史』(研究社)
   /評:大津由紀雄(慶應義塾大学教授)
 ◆著:湯沢英治『BAROCCO 骨の造形美』(新潮社)
   /評:木下史青(東京国立博物館・学芸企画部企画課・デザイン室長)
 ◆著:末國善己『時代小説で読む日本史』(文藝春秋)/評:細谷正充(文芸評論家)
 ◆著:太田省一『アイドル進化論―南沙織から初音ミク、AKB48まで』(筑摩書房)
   /評:福 博充(東京大学大学院学際情報学府博士課程)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。