2011年6月10日号 2892号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
 ◆連載=離島航路<第39回>/百々 武「宮城県 桂島 2011年」 (どど・たけし氏=写真家)

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第7回>/横尾忠則
       /「永遠不滅のヒト神様 … 原節子さん」 (よこお・ただのり氏=美術家)

 ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第4回>/椎根 和
                    (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)

 ◆映画時評<6月>/伊藤洋司/セミフ・カプランオール監督作品「蜂蜜」他
                                     (いとう・ようじ氏=中央大学准教授)

 ◆フォト&アート/『東京ディズニーリゾート 植物ガイド』(講談社)

 ◆連載=本の国へようこそ<第12回>「ときの本」―「時計」、「時」にまつわる本をご紹介
   ◎北彰介 太田大八絵『なんげえはなしっこしかへがな』(銀河社)
   ◎エドワード・アーディゾーニ作 あべきみこ訳『時計つくりのジョニー』(こぐま社)
   ◎サリー・ウィットマン作 カレン・ガンダーシーマー絵 谷川俊太郎訳
                      『とっときのとっかえっこ』(童話館出版)
   ◎安野光雅 大岡信 谷川俊太郎 松居直編『にほんご』(福音館書店)
   ◎オトフリート・プロイスラー作 フランツ・ヨーゼフ・トリップ絵 はたさわゆうこ訳
                      『小さいおばけ』(徳間書店)
   ◎フィリップ・ターナー作 神宮輝夫訳『シェパートン大佐の時計』(岩波書店)
   ◎阪田寛夫著 伊藤英治編『阪田寛夫全詩集』(理論社)
   ◎佐々木正美『完 子どもへのまなざし』(福音館書店)

   ※紹介されている本は全てナルニア国(銀座教文館)にあります

■7面
 ◆連載=活字シアター<第407回>
       ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第41回>

■8面
 ◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「国民が国政を見限ることに」
                       (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
 ◆追悼=「詩人・清水昶氏」/福島泰樹 (ふくしま・やすき氏=歌人)

 ◆出版メモ=新潮社刊行『改築上手 「心地いい家」のヒント52』
         (平尾俊郎+大和ハウス工業総合技術研究所著)
 ◆マガジンレーダー=新時代のミクスチャーマガジン『BLACK PAST』刊行

 ◆読書人登場=蓮坊公爾(文芸評論家・埼玉県)
         /「堀田善衛著『若き日の詩人たちの肖像』を読んで」

 ◆受賞=第16回寺山修司短歌賞 第7回葛原妙子賞決る(主催:砂子屋書房)

 ◆催しもの=「本の学校 出版産業シンポジウム―いま改めて書店について考える」
         /日時:7月9日、第1部〜第2部:10時〜16時、第3部:18時〜20時
         /東京ビックサイト会議棟(東京・有明)にて
         /完全事前申込制
  //www. bookfair. jp/Conference /seminarevent /まで

     ◎福島泰樹短歌絶叫コンサート「望郷」
         /日時:6月19日、スター・パインズ・カフェ(東京・吉祥寺にて)
         /予約・問い合わせ:月光の会Tel.090-4845-6728から

     ◎東京学芸フォーラム「震災・語り・教育」
         /日時:7月9日、13時〜16時まで/東京学芸大学S410教室にて
         /問い合わせ:東京学芸大学・石井正己研究室.042-329-7246まで

     ◎ブックハウス神保町<6月のイベント>ブックハウスギャラリー
         /「市川宣子・かわかみたかこ原画展『ねずみのよめいり』
          ―6月16日〜7月12日まで
         /おはなし会・イベント―6月11日千代田おはなし会のみなさん
         /処:東京・神田神保町/問い合わせ:筺03-3261-5691




     ◎ホキ美術館 開館記念第二弾「時を超えて―静物と風景画」展開催中
         /千葉市緑区/期間:11月13日まで/ギャラリートークを開催予定
         /お問い合わせ:同館 筺043-205-1500
         /招待券プレゼント:ハガキに住所・氏名・ご連絡先を明記の上、
          宛先は読書人企画編集部まで。

     ◎渡辺利夫氏講演会『講義 アメリカ文学史 特別公開講義』(6月18日)
         /東京・青山ブックセンター本店・カルチャーサロン青山にて/要予約
         /開場:12時30分/お問い合わせ:筺03-5485-5511まで。

     ◎「絵人百九面相 横尾忠則」展/期間:7月10日まで
         /岡山県立美術館(岡山市北区)
         /お問い合わせ:同館 筺086-225-4800まで
         /関連イベント:講座・対談などを予定。



<お知らせ>
 「週刊読書人」主催 佐野眞一氏 公開トーク&インタビュー
  ―『津波と原発―ルポ・東日本大震災』(講談社)刊行記念
       /聴き手:植田康夫(本紙・編集参与)
       /日時:6月21日18時〜20時(開場:17時45分)
       /会場:東京堂書店神田本店6F会議室(東京・千代田区神田神保町)
       /参加費:500円/要予約
       /予約・問い合わせ:週刊読書人・筺03-3260-5791、
        fax.03-3260-5507、メールアドレス:dokushojin@an. wakwak .com
  ※終了後、東京堂書店で本を購入された方には著者のサインがいただけます。
       
<今週の書評>
■4面<学術・思想>
 ◆著:伊藤彌彦『未完成の維新革命―学校・社会・宗教』(萌書房)
   /評:高橋眞司(長崎大学客員教授)
 ◆著:白水繁彦『イノベーション社会学―普及論の概念と応用』(御茶の水書房)
   /評:木谷光宏(明治大学教授)
 ◆著:前新 透『竹富方言辞典』(南山舎)/評:下嶋哲朗(ノンフィクション作家)
 ◆著:マイルズ・フレッチャー
   『知識人とファシズム―近衛新体制と昭和研究会』(柏書房)
   /評:鈴木 正(名古屋経済大学名誉教授)

■5面<文学・芸術>
 ◆著:シェイマス・ディーン『アイルランド文学小史』(国文社)
   /評:栩木伸明(早稲田大学教授)
 ◆著:アナ・K・ナード『ミルトンと対話する ジョージ・エリオット』(英宝社)
   /評:内田能嗣(帝塚山学院大学名誉教授)
 ◆著:魯 迅『魯迅の言葉』(平凡社)/丸川哲史(明治大学教授)
 ◆著:野村喜和夫『移動と律動と眩暈と』(書肆山田)
   /評:岡本勝人(詩人・文芸評論家)

■6面<読物・文化>
 ◆監修:ベアト・シュトゥッツァー、ローランド・ヴェスぺ『セガンティーニ』(西村書店)
   /評:千足伸行(美術評論家)
 ◆著:中沢けい『書評 時評 本の話 1978-2008』(河出書房新社)
   /評:大野由美子(文芸評論家)
 ◆著:小宮正安『モーツァルトを「造った」男―ケッヘルと同時代のウィーン』(講談社)
   /評:下山静香(ピアニスト・桐朋学園大学講師)
 ◆編:天田城介・北村健太郎・堀田義太郎『老いを治める―老いをめぐる政策と歴史』(生活書院)
   /評:中村義哉(NPO法人福祉ワーカーズ泉ヶ丘ホープ事務局長)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。