2011年6月24日号 2894号

288円(税込)

定価 288円(税込)

購入数
<今週の読物>
■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第9回>/横尾忠則
       「現代美術の中に時代物を導入」 (よこお・ただのり氏=美術家)

 ◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第6回>/椎根 和
                    (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)
 ◆連載=著者から読者へ/楜沢 健『だから、鶴彬―抵抗する17文字』(春陽堂書店)
     「標語やスローガンの「嘘」を暴く鶴彬の川柳」(くるみさわ・けん氏=文芸評論家)

 ◆連載=文学の時/安部夜郎<六月>林芙美子『放浪記』/6月28日は芙美子忌
                 (あべ・やろう氏=漫画家)
 ◆文学館散歩=林芙美子記念館(東京新宿区・中井、お問合せ:筺03-5996-9207)
       /林芙美子文学館(長野県・角間温泉、お問合せ:0269-33-1054)
 ◆岡本太郎生誕100年記念講演第3回 開催(6月6日、東京・青山・岡本太郎記念館にて)
 『岡本太郎 爆発大全』(河出書房新社)を中心に
  /岡本太郎 爆発対話―祖父江慎氏・椹木野衣氏・平井暁臣氏が語る

■4・5面
 ◆全集・講座・シリーズ特集
    ―エッセイ
       /宇多喜代子(うだ・きよこ氏=俳人)
       /関口安義(せきぐち・やすよし氏=文芸評論家、都留文科大学名誉教授)

■6面
 ◆特集=ピエール・スーラージュ氏に聞く
   「アンフォルメルとは何か?20世紀フランス絵画の挑戦」展によせて―
    ※ブリヂストン美術館にて開催中:〜7月6日まで:東京都・京橋。
    ※ピエール・スーラージュ氏=戦後フランスを代表する画家。

■9面
 ◆新刊紹介=池上正樹著
      『ふたたび、ここから―東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)
    /高橋邦典 写真/文『「あの日」のこと』(ポプラ社)

■10面
 ◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗「堀江貴文の収監は見せしめ」
                    (たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
 ◆連載=活字シアター<第409回>
       ◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第43回>
 ◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英
       「唯一の活字専門メディアとしてこの正念場をしのぐ雑誌『相撲』(下)」
          ※『相撲』(ベースボール・マガジン社刊行)
                            (もり・あきひで氏=フリーライター)
 ◆受賞=第27回太宰治賞 授賞式開催
                   (東京・丸の内、6月15日、筑摩書房・三鷹市共同主催)

 ◆「週刊読書人」主催 佐野眞一氏 公開トーク&インタビュー(6月21日)
  ―『津波と原発―ルポ・東日本大震災』(講談社)刊行記念
   /聴き手:植田康夫(本紙・編集参与)
   /会場:東京堂書店神田本店6F会議室(東京・千代田区神田神保町)
 ※7月8日号に載録いたします。尚、当日は多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

 ◆催しもの=ブックハウス神保町<7月のイベント>ブックハウスギャラリー
       /6/16〜7/12 映画DVD発売記念「また会えたね、チェブラーシカ」
       /処:東京・神田神保町/問い合わせ:筺03-3261-5691

<今週の書評>
■7面<学術・思想>
 ◆著:福田 毅『アメリカの国防政策―冷戦後の再編と戦略文化』(昭和堂)/
  評:藤本一美(専修大学教授)
 ◆著:平 雅行『歴史のなかに見る親鸞』(法蔵館)/大桑 斉(大谷大学名誉教授)
 
 ◆著:河本真理『葛藤する形態― 第一次世界大戦と美術』(人文書院)/
  評:塚原 史(早稲田大学教授)
 ◆著:堤 克彦『横井小楠の実学思想― 基盤・形成・転回の軌跡』(ぺりかん社)/
  評:沖田行司(同志社大学教授)

■8面<文学・芸術>
 ◆著:亀井俊介『英文学者 夏目漱石』(松柏社)/評:石原孝哉(駒澤大学教授)
 ◆著:J・M・G・ル・クレジオ『飢えのリトルネロ』(原書房)/評:星埜守之(東京大学准教授)
 ◆著:堀江敏幸『なずな』(集英社)/評:伊藤氏貴(文芸評論家)
 ◆著:井上ひさし『グロウブ号の冒険― 附 ユートピア諸島航海記』(岩波書店)/
  評:神谷幹夫(北星学園大学教授)

■9面<読物・文化>
 ◆著:池上 彰『先送りできない日本 ―“第二の焼け跡”からの再出発』
                   (角川書店:発行、角川グループパブリッシング:発売)、
  著:佐藤 優『3・11クライシス!』(マガジンハウス)/
  評:石井清司(ノンフィクション作家)
 ◆著:ジョセフ・クーデルカ『プラハ侵攻 1968』(平凡社)/
  評:港 千尋(写真家)
 ◆監訳:青木淳一『知られざる動物の世界7 ―クモ・ダニ・サソリのなかま』(朝倉書店)/
  評:志村幸雄(技術評論家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。