2011年8月26日号 2903号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>
■1面
◆連載=彩祭流転<第7回>/下平竜矢
「神奈川県大磯町「左義長」2007年」(しもひら・たつや氏=写真家)

■3面
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第17回>
/横尾忠則「絵が描き手を導く―絵は描きながら作者であるぼくを導いてくれる」 (よこお・ただのり氏=美術家)
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第14回>
/椎根 和 (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)
◆連載=読写(どくしゃ)!一枚の写真から<第5回>/岩尾光代
「日本の野球風景、白熱する応援団 一高対三高、大正14年8月28日、東京・駒沢明大球場にて」
(いわお・みつよ氏=ジャーナリスト)
◆文学の時/安部夜郎<八月>夏目漱石『心 先生の遺書』 (あべ・やろう氏=漫画家)

■7面
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。
/森 彰英「反原発・市民科学者 高木仁三郎と七つ森書館の25年隋廖覆發蝓Δ△ひで氏=フリーライター)

◆連載=気仙沼支援記<第4回>西野一夫「気仙沼市立小学校のこと(1)」(にしの・かずお氏=日本図書館協会常務理事)
◆受賞=第145回直木賞 贈賞式開催(8月19日、東京・丸の内にて)
※受賞:池井戸潤氏『下町ロケット』(小学館)
◆出版メモ=実業之日本社刊行・文芸書出版100周年特別企画
『月刊ジェイ・ノベル』・文芸ムック誌『紡(つぐむ)』にて。―採録『青い鳥』『ビルマの竪琴』ほか、エッセイ・座談会、他。
/三省堂刊行、大島晃編『中国名言名句辞典 [新版]』

■8面
◆特集=莫言『蛙鳴(あめい)』(中央公論新社)刊行記念講演会載録(2011.7月27日、東京中央区・中央公論新社にて)
今回の小説テーマ「中国の一人っ子政策」
※中国語通訳は同書・翻訳者 吉田富夫氏(佛教大学名誉教授)
※ばくげん/モオイエン氏=作家。作品『透明な赤蕪』『赤い高梁ほか。

◎今週の「活字シアター」はお休みしました。



<今週の書評>
■4面<学術・思想>
◆著:戴 國?、編:春山明哲・松永正義・胎中千鶴・丸川哲史
『戴國?著作撰機Ν供ゝ匆函Σ擽・台湾・中国/台湾史の探索』
(みやび出版発行・創英社/三省堂書店発売)
/評:伊東貴之(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)
◆著:ポール・リクール『イデオロギーとユートピア ―社会的想像力をめぐる講義』(新曜社)
/評:的場昭弘(神奈川大学教員)
◆編:京都大学人文科学研究所共同研究班、大浦康介『共同研究 ポルノグラフィー』(平凡社)
/評:斎藤 光(京都精華大学教員)

■5面<文学・芸術>
◆著:田辺聖子『われにやさしき 人多かりき―わたしの文学人生』(集英社)
/評:与那覇惠子(東洋英和女学院教授)
◆著:伊原 昭『色へのことばをのこしたい』(笠間書院)/評:藤室苑子(歌人)
◆著:小谷野 敦『東海道五十一駅』(アルファベータ)/評:田中弥生(文芸評論家)
◆著:エドムンド・デスノエス『低開発の記憶』(白水社)/評:越川芳明(明治大学教授)

■6面<読物・文化>
◆著:幅 允孝『幅書店の88冊―あとは血となれ、肉となれ。』(マガジンハウス)
/評:福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)
◆著:小林正幸『力道山をめぐる体験―プロレスから見るメディアと社会』(風塵社)
/評:藤井淑禎(立教大学文学部教授)
◆著:伊藤 礼『大東京ぐるぐる自転車』(東海教育研究所:発行、東海大学出版会:発売)
/評:立石弘道(日本大学芸術学部大学院講師)
◆著:平岡 敬『時代と記憶―メディア・朝鮮・ヒロシマ』(影書房)
/評:イトウ ソノミ(映像作家)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。