2011年9月30日号 2908号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>

■1面

◆連載=彩祭流転<第12回>/下平竜矢
神奈川県大磯町「相模国府祭」2006年 (しもひら・たつや氏=写真家)
■3面

◆論潮<10月>=小谷野敦
大臣が「即戦力」でなかったら困るではないか (こやの・とん氏=作家・比較文学者)
◆新刊紹介=山田奨治著
『日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか』(人文書院)
■4面

◆文芸<10月>=田中弥生
田中慎弥「共喰い」(すばる)、柴崎友香「ここで、ここで」(群像)ほか (たなか・やよい氏=文芸評論家)
◆新刊紹介=関口安義氏 他
『芥川龍之介研究年誌 第5号 最終号』(芥川龍之介研究年誌の会)
■6面

◆特集=「精選ブックレットあんない」
☆ブックレット・エッセイ/東京堂書店 畠中理恵子氏
「ブックレットは知の入口」
■7面

◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第22回>/横尾忠則
「焼跡に聳える大阪城」 (よこお・ただのり氏=美術家)
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第19回>椎根 和
 (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)
◆連載=活字シアター<第422回>
◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第56回>
■8面

◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗
「決断出来ない日本にアメリカは」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英
「ジャーナリスト矢崎泰久 状況のなかを駆け抜け続けて55年(上)」
―野次馬根性を失っていない「ぢぢ放談」
※月刊誌「創」(創出版)の連載「ぢぢ放談」(語り:永六輔氏と矢崎泰久氏)
 (もり・あきひで氏=フリーライター)
◆トピック=むのたけじ氏 出版刊行記念講演会
岩波新書刊行『希望は絶望のど真ん中に』(9月16日、東京堂書店神田本店にて)
※むの・たけじ氏=ジャーナリスト。著書に『たいまつ十六年』(岩波現代文庫所収)、『戦争絶滅へ、人間復活へ―93歳・ジャーナリストの発言』(岩波新書)ほか
◆受賞=第18回丸山薫賞決定
      第91回オール読物新人賞決定(9月16日、東京)
<今週の書評>

■3面<学術・思想>

◆著:ワシーリー・モロジャコフ『ジャポニズムのロシア ―知られざる日露文化関係史』(藤原書店)
評:貝澤 哉(ロシア文学・早稲田大学教授)
◆編:酒井啓子『<アラブ大変動>を読む ―民衆革命のゆくえ』(東京外国語大学出版会)
評:鹿島正裕(金沢大学教授)
■4面<文学・芸術>

◆著:佐々木 敦『小説家の饒舌 12のトーク・セッション』(メディア総合研究所)
評:栗原 裕一郎(評論家)
◆著:廣野 由美子『一人称小説とは何か ―異界の「私」の物語』(ミネルヴァ書房)
評:中川僚子(聖心女子大学教授)
■5面<読物・文化>

◆著:内田 繁『戦後日本デザイン史』(みすず書房)
評:柏木 博(デザイン評論家)
◆著:山内 由紀人『三島由紀夫vs.司馬遼太郎 ―戦後精神と近代』(河出書房新社)
評:松本 徹(文芸評論家)
◆著:ロバート・K・ウィットマン/ジョン・シフマン『FBI美術捜査官 ―奪われた名画を追え』(柏書房)
評:川成 洋(法政大学教授)
◆著:ジョン・マリンズ/ランディ・コミサー『プランB ―破壊的イノベーションの戦略』(文藝春秋)
評:吉野太喜(ライター)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。