2011年10月14日号 2910号

268円(税込)

定価 268円(税込)

購入数
<今週の読物>

■1面

◆連載=彩祭流転<第14回>/下平竜矢
千葉県成田市「成田山平和大塔まつり」2007年(しもひら・たつや氏=写真家)
■3面

◆連載=映画時評<10月>伊藤洋司
ダグ・リーマン監督作品『フェア・ゲーム』、他に『タナトス』『ラビット・ホラー3D』『無常素猫』『おんなの河童』『詩』など。(いとう・ようじ氏=中央大学准 教授)
◆連載=絵画の向こう側 ぼくの内側<第24回>/横尾忠則
「山川惣治センセイへのオマージュ」 (よこお・ただのり氏=美術家)
◆連載=銀座を変えた雑誌Hanako!<第21回>椎根 和
 (しいね・やまと氏=元ハナコ誌編集長。編集者)
◆フォト&アート=吉田淳治著
『風景を拾う The Gleaner』(創風社出版)
◆紹介
マネー・ヘッタ・チャン著『マッチポンプ売りの少女』(あさ出版)
◆連載=本の国へようこそ<第16回 世界の絵本>
◎イブ・スパング・オルセンさく・え やまのうちきよこやく『つきのぼ うや』(福音館書店)
◎パクジェヒョン おおたけきよみ訳『とらとほしがき』 (光村教育図書)
◎唐亜明 于大武絵『十万本の矢』(岩波書店)
◎赤羽末吉『鬼のうで』(偕成社)
◎ホセ カンパナーリ文 ヘスース シスネロス絵 寺田真理子訳『なに か、わたしにできることは?』(西村書店)
◎北山耕平再話 oba絵・文『古井戸に落ちたロバ』(じゃこめてぃ出版)
◎グロー・ダーレ作 スヴァイン・ニーフース絵『パパと怒り鬼』(ひさかたチャイルド)
◎フーリア・アルバレス ファビアン・ネグリン絵 神戸万知訳『ひみつの 足あと』(岩波書店)
■6面

◆新刊紹介
奥村敦史監修 らいてう研究会編『わたくしは永遠に失望しない 写真集 平塚らいてう ―人と生涯』(ドメス出版)
■7面

◆田原総一朗の取材ノート/田原総一朗
「“老いの生き方”を教えられる」(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◆連載=活字シアター<第424回>
◎上州文化の育成に貢献した書店「煥乎堂」の巻<第58回>
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森 彰英
「ジャーナリスト矢崎泰久 状況のなかを駆け抜け続けて55年(下)」
―取材し書き、状況を語り活写する
 (もり・あきひで氏=フリーライター)
◆出版界
「大震災出版復興基金」創設記念シンポジウム開催
(9月30日、東京・日本出版クラブ会館にて)
■8面

◆特集=虎屋文庫資料展「和菓子を作る―職人の世界―」へようこそ
虎屋・伊藤郁氏インタビュー 聞き手:大山敦士氏(アートテラー)
虎屋ギャラリー(東京都港区赤坂4-9-22)虎屋ビル2階にて「和菓子を作る―職人の世界―」開催中(入場無料、11月6日まで)
<今週の書評>

■4面<学術・思想>

◆著:重田園江『ミシェル・フーコー ―近代を裏から読む』(筑摩書房)
評:阿部 崇(青山学院大学准教授)
◆著:菊谷和宏『「社会の誕生」 ―トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史』(講談社)
評:池田祥英(早稲田大学他非常勤講師)
◆編:西田 勝『田岡嶺雲全集 第三巻 ―評論及び感想三』(法政大学出版局)
評:鈴木 正(名古屋経済大学名誉教授)
◆著:山本眞人『宇宙卵を抱く ―21世紀思考の可能性』(B.M.FT出版部)
評:前田樹子(翻訳家)
■5面<文学・芸術>

◆著:北野勇作『きつねのつき』(河出書房新社)
評:神田法子(ライター)
◆著:中川僚子『日常の相貌 ―イギリス小説を読む』(水声社)
評:野田研一(立教大学教授)
◆編著:橋本槇矩・栂 正行『現代インド英語小説の世界 ―グローバリズムを超えて』(鳳書房)
評:伊勢芳夫(大阪大学教授)
◆著:福間健二『青い家』(思潮社)
評:清水鱗造(詩人)
■8面<読物・文化>

◆著:宇田川 悟『最後の晩餐 ―死ぬ前に食べておきたいものは?』(晶文社)
評:森枝卓士(ジャーナリスト)
◆著:西舘好子『表裏井上ひさし協奏曲』(牧野出版)
評:脇地 炯(評論家)
◆著:小長井 信昌『わたしの少女マンガ史 ―別マから花ゆめ、LaLaへ』(西田書店)
評:藤野千夜(作家)
◆著:笠井 叡『カラダという書物』(書肆山田)
評:三井悦子(椙山女学園大学教授)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。