2014年8月8日号 3051号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
▼特集▼
東野司×新井素子×藤田直哉鼎談 <SF、明日を拓く想像の種>
「日本SF展・SFの国」(世田谷文学館)開催を機に
※とうの・つかさ=SF作家、SFライター。日本SF作家クラブ第17代会長。86年「赤い涙」(SFマガジン)でデビュー。著書に「ミルキーピア」シリーズほか。
※あらい・もとこ=SF作家、小説家。高校2年のとき「あたしの中の…」が第一回奇想天外SF新人賞佳作に入選しデビュー。99年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞受賞。
※ふじた・なおや=SF・文芸評論家。東京工業大学価値システム専攻・博士(学術)。08年第3回日本SF評論賞・選考委員特別賞を受賞。

▼今週の読物▼
■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第12回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<東通村の少女>1970 シリーズ「いつか見た風景」 

■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<第152回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎富士山麓で卓球三昧 体内が黄金に変る夢! 
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第56回>/水口義朗(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
◎「ディズニーを越えられる空想科学 手塚治虫33歳の可能性への着眼」
◆連載=文芸同人誌評/白川正芳(しらかわ・まさよし=文芸評論家)
◎異色の芸術論、自伝的エッセイ:吉田洋三「再び芸術論について」(『播火』91号)
◎楽しい気分になる洒落た俳句:(季刊『船団』101号)
◆連載=漢字点心<第96回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
「鉦」※かね、セイ、ショウ  

■4面
◆近刊セレクト
◎月脚達彦著『福沢諭吉と朝鮮問題 「朝鮮改造論」の展開と蹉跌』(東京大学出版局)


◎渡邉昭夫・秋山昌廣著『日本をめぐる安全保障 これから10年のパワー・シフト その戦略環境を探る』(亜紀書房)


◎クリス・ジェニキー著『関わることのリスク』(誠信書房)


◆論潮<8月>/中島一夫(なかじま・かずお=批評家)
ピケティ・パニック 資本主義は民主主義に隷属するか

■5面
◆近刊セレクト
◎坂口真喜子著『青嵐』(光文社)
◎宮部みゆき著『荒神』(朝日新聞出版)


◎パトリク・オウジェドニーク著『エウロペアナ』(白水社)


■7面

◆特別インタビュー=兵役を拒否した北御門二郎の人生を描いた ぶな葉一氏インタビュー
<命がけの絶対平和 北御門二郎の魂伝えたい>
『トルストイの民話版画集』(地の塩書房)※お問い合わせは地の塩書房まで
◆佐藤優「いま生きる『資本論』」講義レポート
◎著:佐藤優『いま生きる「資本論」』(新潮社)


■8面
◆トピック
◎4出版社共同企画フェア「丸山眞男生誕100年」開催 
岩波書店×東京大学出版会×みすず書房×未来社
『「ことづくりの国」日本へ』(日本僑報社)刊行記念


◎東アジア漢字データベース・シンポジウム 開催
主催・一般財団法人 角川文化振興財団
◆出版メモ
◎著:小島和宏『3・11とアイドル』(コアマガジン)


◎編著:嵐山光三郎『文人御馳走帖』(新潮社)


◆連載=田原総一朗の取材ノート(たはら・そういちろう=ドキュメンタリー作家)
安倍内閣への不安と不満
◆連載=活字シアター<第547回>
◎困難と闘い名著大著を刊行してきた冨山房の巻<第66回>

▼今週の書評▼
■4面<学術 思想>
◆著:ニコラス・ロイル『デリダと文学』(月曜社)
評:郷原佳以(関東学院大学准教授)


◆著:橋爪大三郎『国家緊急権』(NHK出版)
評:丸川哲史(明治大学教授)


■5面<文学 芸術>
◆著:尾形明子『宇野千代 女性作家評伝シリーズ6』(新典社)
評:岩淵宏子(城西国際大学大学院客員教授)


◆著:司修『幽霊さん』(ねぷうま舎)
評:小林広一(文芸評論家)


■6面<読物 文化>
◆編著:大木晴子・鈴木一誌『1969 新宿西口地下広場』(新宿書房)
評:田家秀樹(音楽評論家)


◆編:野村正人『諷刺画家グランヴィル――テクストとイメージの19世紀』(水声社)
評:小野耕世(マンガ評論家)


◆著:ウイリアム・ブロード、ニコラス・ウェイド『背信の科学者たち―論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか』(講談社)
評:森山和道(サイエンスライター)


◆編:高瀬毅『ブラボー 隠されたビキニ水爆実験の真実』(平凡社)
評:竹峰誠一郎(明星大学准教授)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。