2015年1月9日号 3072号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
▼特集▼
◇山田詠美ロングインタビュー(聞き手=倉本さおり) 『痴人の愛』から『賢者の愛』へ
『賢者の愛』(中央公論新社)刊行を機に

『A2Z』『風味絶佳』『ジェントルマン』などの作品で知られる作家・山田詠美氏が1月10日、新作『賢者の愛』を上梓する。タイトルからも推察されるように、文豪、谷崎潤一郎の『痴人の愛』に挑む意欲作である。山田氏は『ベッドタイムアイズ』でデビュー以来、今年で作家生活30年を迎える。『賢者の愛』はその記念作品となる。本年は谷崎没後50年・生誕130年にもあたる。刊行を機に、山田氏にお話を伺った。聞き手はは、本紙文芸時評担当の倉本さおり氏にお願いした。

        

やまだ・えいみ氏=作家。1985年「ベッドタイムアイズ」で文藝賞を受賞し作家デビュー。87年「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」で直木賞、91年「トラッシュ」で女流文学賞、2001年「A2Z」で読売文学賞、05年「風味絶佳」で谷崎潤一郎賞、12年「ジェントルマン」で野間文芸賞を受賞。1959年生。
くらもと・さおり氏=ライター。文芸誌や週刊誌、新聞にて書評、インタビュー、コラムなどを担当。1979年生。

▼今週の読物▼
■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第32回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<湯治場>1973年 シリーズ「村へ」 

■5面
◆近刊セレクト=
◎著:柴崎友香『パノララ』(講談社)


■6面
◆近刊セレクト=
◎著:高野秀行『恋するソマリア』(集英社)

◎著:大澤聡『批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇 』(岩波書店)


■7面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<第173回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎年がつまると便もつまる?身苦地獄(ジングルヘル)と元旦風邪
◆連載=『週刊コウロン』波乱短命顛末記<第76回>/水口義朗(みずぐち・よしろう氏=文芸評論家)
◎戦後70年自民党は1千兆を国民から借金 60年アンポ後の選挙をフランス人記者がレポ
◆連載=漢字点心<第116回>/円満字二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
「松」
◆連載=映画時評<1月>/伊藤洋司(いとう・ようじ氏=中央大学教授・フランス文学専攻)
フレデリック・ワイズマン「ナショナル・ギャラリー」
◎純粋な視覚的体験としての美術館
◆連載=本の国へようこそ<第55回>/選書:銀座教文館 子どもの本のみせ ナルニア国 菅原幸子氏
新年明けましておめでとうございます。寒さも厳しくなり、今年も各地で大雪が降ったようです。苦労も多いけれど、日常の景色をがらりと変えてしまうのが雪。雪や冬の寒さがもたらすドラマを描いた本をご紹介します。
◎著:伊地知英信、写真:細島雅代『しもばしら』(岩崎書店)

◎著:アルビン・トレッセルト、絵:ロジャー デュボアザン、訳:江國香織『しろいゆき あかるいゆき』(BL出版)

◎著:ゼリーナ・ヘンツ、絵:アロイス・カリジェ、訳:生野幸吉『大雪』(岩波書店)

◎著:ラッセル・E. エリクソン、絵:ローレンス・ディ・フィオリ、訳:佐藤涼子『火曜日のごちそうはヒキガエル―ヒキガエルとんだ大冒険〈1〉』(評論社)


■8面
◆『定本 荒巻義雄メタSF全集』(彩流社)刊行記念トークイベント 於・東京堂ホール
   
◆出版メモ=
◎著:村上春樹、絵:安西水丸『夜のくもざる』(平凡社)
▼関連イベント▼
『安西水丸 MIZUMARU ANZAI 1980-2015』
【会期】2015年1月12日(月)〜1月31日(土)
【会場】スペースユイ(〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F、Tel:03-3479-5889)
    ※地下鉄メトロ「外苑前」駅より徒歩8分/地下鉄メトロ「表参道」駅より徒歩10分
【開催時間】11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)※日曜休廊
★1/26(月)18時より藤本やすし氏のお話会があります (入場自由)
◎編:公益財団法人たばこ総合研究センター『談 100号記念選集』(水曜社)

◎編:日本図書館情報学会研究委員会『電子書籍と電子ジャーナル』(勉誠出版)

◆連載=ともかくスケッチ/長友啓典(ながとも・けいすけ氏=アートディレクター)
◎「アホのオッチャン」の裏側
◆町の本屋さん=
◎セレクトブックとまちのえんがわ 西荻窪 信愛書店 en=gawa リニューアルオープン!
▼イベント情報▼
*FENICSサロン* 子持ちフィールドワーカー〜ワークライフバランスをさぐる〜
【日時】2015年1月24日(日)13:30〜16:30
【会場】信愛書店 スペースen=gawa
【参加費】1000円 ※会員500円 (お茶・お菓子付)
【お問い合わせ】FENICS
◆イベント情報=
◎2月2日開催、予約、申込み受付中!
シンポジウム「公共図書館はほんとうに本の敵?」図書館・書店・作家・出版社が共生する「活字文化」の未来を考える
『公共図書館はほんとうに本の敵?』
【パネリスト】
佐藤 優(作家・元外務省主任分析官)
猪谷 千香 (ジャーナリスト・「つながる図書館」著者)
林 真理子(作家・日本文藝家協会常務理事)
菊池 明郎(筑摩書房前会長)
根本 彰(東京大学大学院図書館情報学教授)
石井 昂(新潮社常務取締役)
【司会】植村 八潮(専修大学文学部教授)
【開催日時】2015年2月2日(月)午後6時30分〜8時30分(午後6時開場)
【会場】紀伊國屋サザンシアター(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤタイムズスクエア紀伊國屋書店新宿南店7F)
【参加費】1,000円(消費税込/全席自由)
【お申し込み】申し込みフォームまたは電話(03-3265-9657)またはFAX(03-5213-5672)でご予約ください。定員になり次第締め切らせていただきます。
【主催】本文藝家協会
【協力】21世紀の出版を考える会有志
◆受賞=
◎第1回「本のサナギ賞」受賞作決定(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
【大賞】著:志坂圭(シザカケイ)『滔々と紅(トウトウトベニ)』
【優秀賞】著:賽助(サイスケ)『はるなつふゆと七福神(ハルナツフユトシチフクジン)』
【優秀賞】著:香住泰(カスミタイ)『稲荷山誠造明日は晴れか(イナリヤマセイゾウアシタハレカ)』
【優秀賞】著:草花由(クサカユウ)『ダンスパーティー』

▼今週の書評▼
■4面<学術 思想>
◆著:大塚信一『松下圭一 日本を変える 市民自治と分権の思想』(トランスビュー)
評:谷藤悦史(たにふじ・えつし氏=早稲田大学教授・政治学専攻)


◆著:木村敏『あいだと生命 臨床哲学論文集』(創元社)
評:可能涼介(かのう・りょうすけ氏=批評家・精神保健福祉士)


◆著:チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェイムズ、ジョン・デューイ 『プラグマティズム古典集成――パース、ジェイムズ、デューイ』(作品社)
評:茢田真司(かりた・しんじ氏=國學院大学教授・政治学専攻)


◆著:新田昌英『アランの情念論』(慶應義塾大学出版会)
評:合田正人(ごうだ・まさと氏=明治大学教授・思想史専攻)


■5面<文学 芸術>
◆著:黒川創『京都』(新潮社)
評:清水良典(しみず・よしのり氏=文芸評論家)


◆著:西加奈子『サラバ! 上』『サラバ! 下』(小学館)
評:美月レンカ(みつき・れんか氏=作家、音楽家)
 

◆著:大谷伴子『マーガレット・オブ・ヨークの「世紀の結婚」 英国史劇とブルゴーニュ公国』(春風社)
評:川田潤(かわだ・じゅん氏=福島大学教授・イギリス文学専攻)


◆著:森朝男『読みなおす日本の原風景―古典文学史と自然』(塙書房)
評:小嶋菜温子(こじま・なおこ氏=立教大学教授・日本文学専攻)

■6面<読物 文化>
◆著:蓮實重彦、山田宏一『トリュフォー 最後のインタビュー』(平凡社)
評:田中千世子(たなか・ちせこ氏=映画評論家)


◆監修:川上量生『角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代』(KADOKAWA)
評:赤上裕幸(あかがみ・ひろゆき氏=防衛大学校講師・メディア史、映像文化論専攻)


◆著:猪瀬直樹『さようならと言ってなかった わが愛 わが罪』(マガジンハウス)
評:鈴木邦男(すずき・くにお氏=一水会顧問)


◆著:京樂真帆子『英雄になった母親戦士 ベトナム戦争と戦後顕彰』(有志社)
評:関千枝子(せき・ちえこ氏=ジャーナリスト)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。