2015年11月13日号 3115号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
▼特集▼
◇小林純子・木内雄二対談<「トイレ学」とは何か>
日本トイレ協会編『トイレ学大事典』(柏書房)刊行を機に



★トイレのことならばすべて網羅されている『トイレ学大事典』(日本トイレ協会編、柏書房)が刊行された。高橋志保彦・日本トイレ協会会長が編集委員長を務め、そのリーダーシップのもと、同協会の総力を結集して作られた一冊である。期せずして、日本トイレ協会は今年、創立三〇周年を迎えた。「人が一生のうちに二〇万回利用し、延べ一一か月を過ごすともいわれるトイレ」(「刊行にあたってより)であるが、多くの人は、トイレについての知識をほとんど持たない。人間にとって排泄とは何か、トイレとは何か、そこには奥深い世界が広がっている。刊行を機に、日本トイレ協会副会長・小林純子氏と同理事・木内雄二氏に対談をしてもらった。

<主なコンテンツ>
1:日本トイレ協会の設立
2:総力を結集して編集
3:総合学問として
4:4Kから快適な空間へ
5:未来のトイレ

★こばやし・じゅんこ氏=日本トイレ協会副会長・設計事務所ゴンドラ代表・文化学園大学非常勤講師。2008年、エイボン女性大賞授賞。著書に「心に響く空間―深呼吸するトイレ」など。


★きうち・ゆうじ氏は日本トイレ協会理事・TOTO株式会社マーケティング本部渉外部 渉外第二グループ担当課長。一九七五年に東陶機器株式会社(現TOTO株式会社)に入社。商品開発本部 商品技術課などを経て現職。

▼今週の読物▼
■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第74回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<原っぱ>1987年 シリーズ「フナバシストーリー」
★「噂話の構造」より(三)さて、夜中に赤いネグリジェの幽霊が出るという噂が、誰の口からということもなく新興住宅地でひろがった。…続きは本紙へ

■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<216回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎難聴の恩聴と、断聴の思い 自己消滅は長寿の秘訣

◆レポート=『英雄の書』(ポプラ社)刊行記念 黒川伊保子氏トークイベント開催

★10月16日、八重洲ブックセンター本店で、『英雄の書』(ポプラ社)刊行記念トークイベントが開催された。イベントには著者の黒川伊保子氏が登場。この場でしか聞くことが出来ない『英雄の書』未掲載の「男女の脳の違い」の話や本書の解説などを講演した。

◆連載=現代短歌むしめがね<第14回>コンピュータ編/山田 航(やまだ・わたる氏=歌人)
◎「ゲームセンターあらし」は水魚のポーズにて五兆円のコンピューター懐しき /松木秀『親切な郷愁』(2013)

◆連載=漢字点心<第157回>/円満字 二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◎「釁」※「ちぬる」

◆連載=読写!<第34回>/岩尾光代氏(いわお・みつよ氏=ジャーナリスト)
◎世界一と称する警視庁の火災報知器
★今回警視庁に於ては予て大蔵省に設備中であった価格数万円の火災報知機を譲り受けることとなり十二月上旬是が据付けを行った。該機は何の官庁が失火したと言って直ちにボタンを押せば此の報知器にそれが明示され、次で現場に最も近い消防署に自動的に命令が下る装置になっている。(『写真通信』大正十四年二月号)

◆文庫日和=
◎著:ロムインターナショナル『JR山手線の謎学: 新宿駅“15番線ホームの怪”って何だ?』(KAWADE文庫)


◆フォト&アート=
◎著:西 加奈子『きみはうみ』(スイッチ・パブリッシング)


■6面
◆新刊=
著:劉遵義『新たなグローバル社会の指標: 平和と経済と教育を語る』(第三文明社)


■7面
◆短期集中連載=田中健五氏に聞く<『諸君!』創刊とその時代◆筺仝犬痢愍赦妥傾腸鷂槝拭戞∋暗舁概夫の思い出

◆レポート=中沢けい・中野晃一トークセッション 対論<ヘイトスピーチと政治の右傾化>
★10月24日、東京・神田の東京堂ホールで、日本文藝家協会主催(共催「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会(BLAR)」)による作家の中沢けい氏と上智大学教授で政治学者の中野晃一氏によるトークセッション「対論〈ヘイトスピーチと政治の右傾化〉」が行われた。

■8面
◆連載=元気に、出版。出版、元気に。/森彰英(もり・あきひで氏=フリーライター)
◎追悼・川鍋孝文 あらためて「日刊ゲンダイ」創刊を振り返る(下)

◆受賞=第52回文藝賞贈呈式開催
★11月29日、東京・御茶の水の山の上ホテルにて第52回文藝賞の贈呈式が行われた。受賞作に選ばれたのは、畠山丑雄氏の『地の底の記憶』と山下紘加氏の『ドール』の二作。両作は11月中に河出書房新社より刊行さ
れる予定。
 

◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◎東北の未来へのチャレンジ

◆書店街=くまざわ書店的場店(埼玉県川越市的場新町􅄢―􅄗 ザ・マーケットプレイス的場B棟―1)
 くまざわ書店的場店では現在「読書の秋フェア」を実施中。このフェアは「本をどう読むのかも大事だけれど、読書をする空間や読書の時間といった読書生活も大切にしたい」というコンセプトで選書されている。同フェアで展開されているタイトルの一部は次の通り。

▽ダミアン・トンプソン著『素敵な蔵書と本棚』ガイアブックス刊・2900円

▽アレックス・ジョンソン著『本棚の本』グラフィック社刊・2500円

▽えかたけい著『新装改定版ブックカバーを作る』日貿出版社刊・1500円

▽アンドレ・ケルテス著『読む時間』創元社刊・2200円

▽中川右介著『出版社社長兼編集者兼作家の購買術』小学館刊・720円
▽津野海太郎著『百歳までの読書術』本の雑誌社刊・1700円

▽西牟田靖著『本で床は抜けるのか』本の雑誌社刊・1600円(紹介したタイトルの価格は全て税別表記)

「読書で贅沢な時間を楽しむ、読書は一番贅沢な時間の使い方」という思いが選書に込められている。

▼今週の書評▼
■4面<学術 思想>
◆著:加藤 晴久『ブルデュー 闘う知識人』(講談社)
評:立花英裕(たちばな・ひでひろ氏=早稲田大学教授・フランス文学専攻)


◆著:小杉 礼子『下層化する女性たち: 労働と家庭からの排除と貧困』(勁草書房)
評:千田有紀(せんだ・ゆき氏=武蔵大学教授・社会学専攻)


◆著:ハンス ヨナス『グノーシスと古代末期の精神 第一部 神話論的グノーシス』(ねぷうま舎)
評:戸谷洋志(とや・ひろし氏=大阪大学大学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員・哲学専攻)
 

◆著:服部 健二『四人のカールとフォイエルバッハ―レーヴィットから京都学派とその「左派」の人間学へ』(こぶし書房)
評:川本隆(かわもと・たかし氏=東洋大学教員・哲学専攻)


■5面<文学 芸術>
◆著:島田 雅彦『虚人の星』(講談社)
評:今井清人(いまい・きよと氏=文芸評論家)


◆著:グプタ・スウィーティ『平林たい子―社会主義と女性をめぐる表象』(翰林書房)
評:岡野幸江(おかの・ゆきえ氏=法政大学ほか講師・日本近代文学専攻)
平林たい子―社会主義と女性をめぐる表象

◆著:レアード・ハント『優しい鬼』(朝日新聞出版社)
評:風丸良彦(かざまる・よしひこ氏=盛岡大学教授・アメリカ現代文学・文化専攻)


◆著:郷原 茂樹『ソング&ポエム1  あの時代がイメージさせた青春の歌』(幻冬舎発売、幻冬舎メディアコンサルティング発行)
◆著:郷原 茂樹『ソング&ポエム2 鹿児島の風景』(幻冬舎発売、幻冬舎メディアコンサルティング発行)
◆著:郷原 茂樹『ソング&ポエム3  美しい大隈半島』(幻冬舎発売、幻冬舎メディアコンサルティング発行)
評:松本薫(まつもと・かおる氏=作家)
 

■6面<読物 文化>
◆著:武藤 洋二『紅葉する老年――旅人木喰から家出人トルストイまで』(みすず書房)
評:前田耕作(まえだ・こうさく氏=和光大学名誉教授・アジア文化研究者)


◆著:横尾忠則『言葉を離れる』(青土社)
評:大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ氏=美術家)


◆著:関 千枝子『ヒロシマの少年少女たち』(彩流社)
評:江刺昭子(えさし・あきこ氏=評伝作家・女性史研究家)


◆著:小塩 節『樅と欅の木の下で』(青娥書房)
評:石田昭義(いしだ・あきよし氏=地の塩書房主)
樅と欅の木の下で

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。