2015年12月18日号 3120号

330円(税込)

定価 330円(税込)

購入数
▼特集▼
◇宮台真司・苅部直・渡辺靖鼎談 <政治・社会・人文科学を振り返る> 年末回顧総特集
★年末恒例の「回顧特集号」をお送りします。学術・思想・政治・文学・歴史・美術・映画・ノンフィクション・出版など、ジャンルごとに、二〇一五年を振り返ります。1・2・4面では、宮台真司・苅部直・渡辺靖氏に鼎談をお願いしました。

<主なコンテンツ>
1:世界の根幹が揺らぐ
2:地方創生プラン批判
3:ポスト/スーパーモダン
4:リベラリズムの困難
5:感情の劣化した帰結
6:人文知の危機
7:全体を見渡す学問を
8:未来の戦争

       

★みやだい・しんじ氏=首都大学東京教授・社会学者・映画評論家。著書に「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」「14歳からの社会学」など。一九五九年生。
★かるべ・ただし氏=東京大学教授・日本思想史専攻。著書に「秩序の夢」「歴史という皮膚」「丸山眞男 リベラリストの肖像」など。一九六五年生。
★わたなべ・やすし氏=慶應義塾大学SFC教授・文化人類学専攻。著書に「アメリカン・コミュニティ」「文化と外交」「沈まぬアメリカ」など。一九六七年生。

▼私の2015年▼
■3面◆格差について考える/山田浩生(やまがた・ひろお氏=評論家)
■6面◆社会的な「渦」に抗う/中島京子(なかじま・きょうこ氏=作家)
■7面◆不穏なよるという不安/東山彰良(ひがしやま・あきら氏=作家)

■12面〜13面
◆ことしの主要記事・書評(本紙索引)

▼2015年 年末回顧総特集▼
■3面
◆経済学=新田滋(にった・しげる氏=専修大学教授・経済学原理論・段階論・方法論専攻)
◎著:藤田孝典『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新聞出版)


◆哲学=貫成人(ぬき・しげと氏=専修大学教授・哲学専攻)
◎著:戸田山 和久『科学的実在論を擁護する』(名古屋大学出版会)


◆社会学=好井裕明(よしい・ひろあき氏=日本大学教授・社会学・エスノメソドロジー専攻)
◎著:内田 隆三『現代社会と人間への問い―いかにして現在を流動化するのか?』(せりか書房)


◆政治学=高田宏史(たかだ・ひろふみ氏=日本学術振興会特別研究員・政治学専攻)
◎著:中野 晃一『右傾化する日本政治』(岩波書店)


■4面
◆文芸=珍プレー・好プレー大賞 まだ単行本化されていない、型破りな名作たち/倉本さおり(くらもと・さおり氏=ライター)
◆日本文学=本年度最高傑作の『人間のしわざ』 誰が受賞してもおかしくなかった第153回芥川賞/町口哲生(まちぐち・てつお氏=評論家・哲学専攻)

■5面
◆外国文学(フランス文学)=塚本昌則(つかもと・まさのり氏=東京大学教授・フランス文学専攻)
◎著:マルセル・シュオッブ『マルセル・シュオッブ全集』(国書刊行会)


◆外国文学(イギリス文学)=大田信良(おおた・のぶよし氏=東京学芸大学教授・英米文学専攻)
◎著:福田 敬子『戦争・文学・表象―試される英語圏作家たち』(音羽書房鶴見書店)


◆外国文学(アメリカ文学)=長岡真吾(ながおか・しんご氏=島根大学教授・アメリカ文学専攻)
◎著:マーク トウェイン『マーク・トウェイン完全なる自伝〈Volume 1〉』(彩流社)


■6面
◆外国文学(ロシア文学)=中村唯史(なかむら・ただし氏=京都大学教授・ロシア文学専攻)
◎著:アンドレイ・クルコフ『ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日』(集英社)


◆外国文学(中国文学)=山口守(やまぐち・まもる氏=日本大学教授・中国文学専攻)
◎著:張 承志『中国と日本――批判の刃を己に』(亜紀書房)


◆外国文学(ラテンアメリカ文学)=立林良一(たてばやし・りょういち氏=同志社大学准教授・ラテンアメリカ文学専攻)
◎著:ジョシュ『バイクとユニコーン』(東宣出版)


◆韓国文学(ラテンアメリカ文学)=佐野正人(さの・まさと氏=東北大学准教授・日韓比較文学専攻)
◎著:鄭 大均『日韓併合期ベストエッセイ集』(筑摩書房)


■7面
◆芸術(美術)=河本真理(こうもと・まり氏=日本女子大学教授・西洋美術史専攻)
◎著:原田 昌幸『日本美術全集1 日本美術創世記』(小学館)


◆芸術(音楽)=小宮正安(こみや・まさやす氏==横浜国立大学教授・ドイツ文学・ヨーロッパ文化史専攻)
◎著:大石始『ニッポン大音頭時代:「東京音頭」から始まる流行音楽のかたち』(河出書房新社)


◆芸術(演劇)=高橋宏幸(たかはし・ひろゆき氏=演劇評論家)
◎著:田尻 陽一『現代スペイン演劇選集〈1〉』(カモミール社)


◆芸術(映画)=伊藤洋司(いとう・ようじ氏=中央大学教授・フランス文学)
◎著:野崎 歓『映画とは何か(上)』(春風社)


◆芸術(写真)=タカザワケンジ(たかざわ・けんじ氏=写真評論家)
◎著:仲田絵美『よすが』(赤々舎)


■8面
◆論調=世界的視野から考え直すべき時に 議論の筆頭テーマは安保法案問題であったのは疑いない/羽根次郎(はね・じろう氏=明治大学専任講師・中国現代社会論専攻)

◆科学技術=横山輝雄(よこやま・てるお氏=南山大学教授・科学技術論専攻)
◎著:佐藤恵子『ヘッケルと進化の夢』(工作舎)


◆マスコミ=鈴木雄雅(すずき・ゆうが氏=上智大学文学部教授・新聞学専攻)
◎著:上村 達男『NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか』(東洋経済新報社)


◆女性学=千田有紀((せんだ・ゆき氏=武蔵大学教授・女性学専)
◎著:内藤 千珠子『愛国的無関心: 「見えない他者」と物語の暴力』(新曜社)


■9面
◆西洋史=睫斃ι廖覆燭ぎ・いさお氏=名古屋工業大学教授)
◎著:K・ポメランツ『大分岐―中国、ヨーロッパ、そして近代世界経済の形成―』(名古屋大学出版会)


◆古代史=木本好信(きもと・よしのぶ氏=龍谷大学大学院兼任講師・日本古代史専攻)
◎著:佐藤 信『朝野群載 巻二十二 校訂と註釈』(吉川弘文館)


◆中世史=櫻井彦(さくらい・よしお氏=宮内庁書陵部図書課文書研究官・日本中世史専攻)
◎著:上杉 和彦『鎌倉幕府統治構造の研究』(校倉書房)


◆東洋史=関智英(せき・ともひで氏=日本学術振興会特別研究員・明治大学兼任講師・中国近現代史)
◎著:鶴間 和幸『人間・始皇帝』(岩波書店)


◆近代史=福留真紀(ふくとめ・まき氏=長崎大学准教授・日本近世史専攻)
◎著:三井文庫『史料が語る 三井のあゆみ: 越後屋から三井財閥』(岩波書店)


◆近代以後=阿部安成(あべ・やすなり氏=滋賀大学教員・近代日本社会史専攻)
◎著:堀場 清子『鱗片―ヒロシマとフクシマと』(ドメス出版)


■10面
◆ノンフィクション=新井信(あらい・まこと氏=編集者)
◎著:小熊 英二『生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後』(岩波書店)


◆短歌=藤原龍一郎(あらい・まこと氏=編集者)
◎著:塚本 青史『わが父猖榾雄』(白水社)


◆俳句=浅沼璞(あさぬま・はく氏=俳人・連句人)
◎著:川名 大『昭和俳句の検証』(笠間書院)


◆児童文学=ひこ・田中(ひこ・たなか氏=児童文学作家)
◎著:野上 暁『わたしが子どものころ戦争があった―児童文学者が語る現代史』(理論社)


■11面
◆ミステリー=古山裕樹(ふるやま・ゆうき氏=書評家)
◎著:東山 彰良『流』(講談社)


◆SF=風野春樹(かざの・はるき氏=SF書評家)
◎著:円城 塔『エピローグ』(文藝春秋)


◆時代小説=末國善己(すえくに・よしみ氏=文芸評論家)
◎著:伊東 潤『死んでたまるか』(新潮社)


◆詩=末國善己(すえくに・よしみ氏=文芸評論家)
◎著:谷川 俊太郎『詩に就いて』(思潮社)


■14面
◆出版(書籍・雑誌)=出版業界の構造変化を進める雑誌の落ち込みと、文学賞ものの活況/佐々木利春(ささき・としはる氏=出版科学研究所主任研究員)

◆出版(書店)=巨大グループと小さな本屋 取次の経営難、オンライン書店等の拡大を背景に/星野渉(ほしの・わたる氏=「文化通信」編集長)

◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<221回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎遺書を書き続けた作家 野坂さんの最後の手紙

◆連載=ともかくスケッチ<第29回>/長友啓典(ながとも・けいすけ氏=アートディレクター)
◎クマちゃんの快挙

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。