2016年2月5日号 3126号

280円(税込)

定価 280円(税込)

購入数
▼特集▼
◇柄谷行人氏ロングインタビュー <「ルネサンス的」文学の系譜>
『定本 柄谷行人文学論集』刊行を機に

★思想家の柄谷行人氏が、一月八日、岩波書店より『定本 柄谷行人文学論集』を上梓した。一九六〇年代末に文芸批評家としてデビューし、これまで数多くの文学評論を世に送り出してきた柄谷氏だが、近年では『世界史の構造』『哲学の起源』『帝国の構造』といった、主に思想・哲学の分野の仕事と向き合っている。今回の論集では、ロレンス・ダレルの『アレクサンドリア・カルテット』を論じた修士論文にはじまり、文壇デビュー作「漱石試論――意識と自然」、発表当時大きな話題を呼んだ「意味という病――マクベス論」のほか、森鷗外、坂口安吾、武田泰淳、島尾敏雄、中上健次、二葉亭四迷らの文学作品・評論の読解を通じて、文学の可能性が語られている。著者自身が精選した十二編の収録作品から、果たして何が見えてくるのか。刊行を機に、柄谷氏にお話しをうかがった。

<コンテンツ>
1:過去の文学評論を見渡す
2:1999年、文学との決別
3:1974年のマルクス
4:「批評」を志した時
5:「ルネサンス的」作家
6:寺山修司と60年代演劇

★思想家の柄谷行人氏が、一月八日、岩波書店より『定本 柄谷行人文学論集』を上梓した。一九六〇年代末に文芸批評家としてデビューし、これまで数多くの文学評論を世に送り出してきた柄谷氏だが、近年では『世界史の構造』『哲学の起源』『帝国の構造』といった、主に思想・哲学の分野の仕事と向き合っている。今回の論集では、ロレンス・ダレルの『アレクサンドリア・カルテット』を論じた修士論文にはじまり、文壇デビュー作「漱石試論――意識と自然」、発表当時大きな話題を呼んだ「意味という病――マクベス論」のほか、森鴎外、坂口安吾、武田泰淳、島尾敏雄、中上健次、二葉亭四迷らの文学作品・評論の読解を通じて、文学の可能性が語られている。著者自身が精選した十二編の収録作品から、果たして何が見えてくるのか。刊行を機に、柄谷氏にお話しをうかがった。

※からたに・こうじん氏=思想家。東京大学大学院修士課程修了。一九六九年「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で第12回群像新人文学賞(評論部門)受賞。著書に『定本 柄谷行人集』全5巻『哲学の起源』『世界史の構造』『世界共和国へ』『遊動論』『帝国の構造』『倫理21』『脱原発とデモ』『柳田国男論』『漱石論集成』『坂口安吾と中上健次』『近代文学の終り』など。一九四一年生。
       

▼今週の読物▼
■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第84回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<季節の漫才>1999年 シリーズ「1990年代北京」
★モノクロームで写真を撮る時に70年前のエルマーレンズがどうしてそんなにいいのか、どこがどう違うのかを考えてみる。…続きは本紙へ

■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<227回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎トマソン階段そっくりの階段でリハビリ。愛妻差し入れ、毎日の苦労、判る、解る〜。

◆連載=漢字点心<第168回>/円満字 二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◎「恵」

◆連載=現代短歌むしめがね<第24回>コンピュータ編/山田 航(やまだ・わたる氏=歌人)
◎唐突にワープロ画面いつぱいを三島由紀夫の首が占拠す/仙波龍英『路地裏の花屋』(1992)

◆映画時評<2月>/伊藤洋司(いとう・ようじ氏=中央大学教授、フランス文学専攻)
◎カメラ、鏡、裸眼 ガラス越しの視線の主題
トッド・ヘインズ「キャロル」

◆フォイト&アート=
◎著:安藤 正子『Songbook 安藤正子作品集』(青幻舎)


◆本の国へようこそ<第68回> テーマ:雪と氷
★世界各地で記録的な気象が観測されている今年。立春を過ぎてもまだまだ雪の日、氷の日は続きそうですね。今回は、キレイと怖いの両方を兼ね備える冬の華―雪や氷を味わう本をご紹介します。冷たさと同時にあたたかさを感じられるのも、不思議です。
◎著:谷川 俊太郎、写真:吉田六郎『きらきら』(アリス館)

◎著:わたり むつこ『こうさぎと4ほんのマフラー』(のら書店)

◎著:高橋 喜平『あんな雪こんな氷』(講談社)

◎著:加古 里子『ゆきのひ』(福音館書店)


■4面
◆スポットライト=
著:老川 慶喜『日本鉄道史 大正・昭和戦前篇』(中央公論新社)


◆論潮<2月>/大野光明(おおの・みつあき氏=大阪大学特任助教・歴史社会学・社会運動論専攻)
◎違和とともに「知恵のしぼりかた」を変えること

■5面
◆新刊=
著:和合 亮一『詩の寺子屋』(岩波書店)


◆文芸<2月>/友田健太郎(ともだ・けんたろう氏=文芸評論家)
◎言葉の力による価値転覆の戦い 過剰なまでに明快な李龍徳の小説の言葉

■7面
◆児童図書館研究会女性事業講演会 田澤雄作公演 「メディアにむしばまれる子どもたち ―小児科医からのメッセージ―」載録
★教文館から『メディアにむしばまれる子どもたち 小児科医からのメッセージ』が刊行され、昨年の12月19日に関東学院小学校にて著者で国立病院機構仙台医療センター・成育医療センター小児科医の田澤雄作氏による講演会が行われた。長年小児科医として子どもたちの病と向き合ってきた田澤氏による講演の一部を載録する。


<主なコンテンツ>
1:子どもから笑顔を奪う「慢性疲労」
2:映像メディア漬けが子どもたちから奪うもの
3:世界一寂しく自尊心が低い日本の子どもたち
4:子どもたちが持つ言葉を理解する力
5:坂口安吾と二葉亭四迷
6:シェークスピアか源氏物語か

■8面
◆受賞=
◎第61回 角川俳句賞、角川短歌賞 贈呈式開催

◆出版メモ=
◎著:木宮 泰彦『日本古印刷文化史』(吉川弘文館)


◆書店街=
◎BOOKS&ギャラリー 赤坂 「双子のライオン堂」

▼今週の書評▼
■4面
◆金森修著『科学思想史の哲学』(岩波書店)
評:香川知晶(かがわ・ちあき氏=山梨大学大学院教授・哲学・倫理学専攻)


◆佐野真由子編『万国博覧会と人間の歴史』(思文閣出版)
評:サラ・デュルト(サラ・デュルト氏=文化資源学専攻)


■5面
◆小口一郎編『ロマン主義エコロジーの詩学』(音羽書房鶴見書店)
評:太田雅孝(おおた・まさたか氏=大東文化大学教授・英米詩専攻)


◆関口裕昭著『翼ある夜 ツェランとキーファー』(みすず書房)
評:初見 基(はつみ・もとい氏=日本大学教員・ドイツ文学専攻)


■6面
◆広尾晃著『巨人軍の巨人 馬場正平』(イースト・プレス)
評:池井 優(いけい・まさる氏=慶應義塾大学名誉教授・日本外交史専攻)


◆長谷川康夫著『つかこうへい正伝 1968―1982』(新潮社)
評:中野正昭(なかの・まさあき氏=演劇・芸能研究)


◆本橋信宏・東良美季著『エロ本黄金時代』(河出書房新社)
評:南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ氏=編集者)


◆饗庭 伸著『都市をたたむ』(花伝社)
評:中島 伸(なかじま・しん氏=東京大学大学院助教・都市工学専攻)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。