2016年2月26日号 3129号

280円(税込)

定価 280円(税込)

▼特集▼
中田考・松山洋平対談―『イスラーム法とは何か?』『イスラーム神学』(作品社)<イスラーム理解なくして世界のかたちは見えない>
イスラーム的な法思考から宗派対立、イスラーム国まで

★イスラーム法と神学の関係やスンナ派とシーア派の違いなどを詳細に解説し、イスラーム神学の体系とその真髄を明らかにした、日本初の、そして決定版となるイスラーム神学入門が刊行された。松山洋平著『イスラーム神学』である。昨年末には、中田考氏がイスラーム法について懇切丁寧に論じた『イスラーム法とは何か?』も上梓されている。イスラームを理解しなければ、現在世界各地で起きているテロ事件やIS問題の深層にあるものは見えてこない。「イスラームの本質を、ほとんどの日本人はまったく理解していない」と、両氏は語る。では、イスラーム理解には何が肝要なのか。二冊の書籍をめぐって、おふたりに対談をしてもらった。

<コンテンツ>
1:神に対する信仰
2:他者との対話の条件
3:「ハディースの徒」
4:スンナ派の多様性
5:神学的に見たIS
6:三つ巴の戦い

★なかた・こう氏はイスラム法学者。一九八三年にイスラーム入信。東京大学大学院修士課程修了。カイロ大学大学院博士課程修了。著書に「カリフ制再興」など。一九六〇年生。
     


★まつやま・ようへい氏は東京大学東洋文化研究所・日本学術振興会特別研究員PD。名古屋外国語大学非常勤講師。東京外国語大学大学院博士後期課程修了。一九八四年生。

▼今週の読物▼
■1面
◆連載=写真家の記憶の抽斗<第87回>/北井一夫(きたい・かずお氏=写真家)
<鯉>1997年 シリーズ「1990年代北京」
★1996年NHKBSドキュメンタリー「中国の素顔を撮る」は、今の時代の中国で普通の生活をしている普通の人たちをテーマにして写真を撮っている7人の紀実写真家をたずねて、彼らの写真を紹介してインタビューする番組だった。…続きは本紙へ

■3面
◆連載=日常の向こう側 ぼくの内側<230回>/横尾忠則(よこお・ただのり氏=美術家)
◎なるようになるのが運命 反文明的時間の中を歩く

◆連載=漢字点心<第171回>/円満字 二郎(えんまんじ・じろう氏=編集者・ライター)
◎「黜」※チュツ

◆連載=現代短歌むしめがね<第27回>コンピュータ編/山田 航(やまだ・わたる氏=歌人)
◎遠く山開かるる日やExcelの小技集とはさみしき読書/田村元『北二十二条西七丁目』(2012)

◆フォト&アート=
◎著:Julie Watai『トーキョー・フューチャー・クラシック』(DU BOOKS)


◆連載=あの人に会いたい/江原礼子 <『暮らしのおへそ』一田憲子さん(下)>


◆連載=文芸同人誌評/白川正芳(しらかわ・まさよし氏=文芸評論家)
◎研究成果を縦横に展開、充実の問題作(久慈きみ代「寺山修司『私』への遡行」)
◎日常の「優しさ」が表現された詩(藤吉佐与子「水」)

■7面
◆台湾ブックショップ・ツアー★ その3 再見!台湾 かの地で見た光/西山雅子(にしやま・まさこ氏=フリー編集者)

◆連載=元気に、出版。出版、元気に。
女性の生き方を追求し続けて 100年目を迎えた「婦人公論」(下)/森彰英(もり・あきひで氏=ジャーナリスト)

◆連載=田原総一朗の取材ノート/田原総一朗(たはら・そういちろう氏=ドキュメンタリー作家)
◎自民党の緊急事態法には…

■8面
◆特集=新庄耕インタビュー・『ニューカルマ』(集英社)正解のない現代社会をもがく、生き切る」

★不動産業の劣悪な労働環境の中、人生を掴もうと格闘する若者を描き、絶賛と共感を集めた『狭小邸宅』(集英社)から三年。新庄耕氏、待望の二作目『ニューカルマ』が刊行となった。ネットワークビジネスをテーマに、現代社会の光と闇を探る今作は、さらなる混沌と胸苦しさに、頁を閉じることが難しい! 新庄氏自身の執筆に纏わる葛藤や、生きづらい社会をのたうちながら前へ進もうとする人々の姿が、結晶した一冊である。刊行を機に新庄氏にお話を伺った。

★しんじょう・こう氏は小説家。京都市生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年「狭小邸宅」で第36回すばる文学賞を受賞。デビュー作『狭小邸宅』に続き、本作が二冊目の単行本。1983年生。


▼今週の書評▼
■4面
◆オットー・ペゲラー編/寄川条路監訳『ヘーゲル講義録研究』(法政大学出版局)
評:面 一也(おもて・かずや氏=早稲田大学非常勤講師・政治哲学専攻)


◆大澤真幸著『社会システムの生成』(弘文堂)
評:平田知久(ひらた・ともひさ氏=群馬大学講師・社会学専攻)


◆マウリツィオ・ラッツァラート著『記号と機械』(共和国)
評:中島一夫(なかじま・かずお氏=批評家)


◆ベルント・シュティーグラー著『写真の映像』(月曜社)
評:増田 玲(ますだ・れい氏=東京国立近代美術館主任研究員・写真史専攻)


■5面
◆司修著『Ōe』(白水社)
評:芳川泰久(よしかわ・やすひさ氏=文芸評論家、早稲田大学教授・フランス文学専攻)


◆永井一彰編『誹諧短冊手鑑』(八木書店)
評:神作研一(かんさく・けんいち氏=国文学研究資料館・総合研究大学院大学教授・日本近世文学専攻)
誹諧短冊手鑑

◆マリオ・バルガス=リョサ著『つつましい英雄』(河出書房新社)
評:井尻直志(いじり・なおし氏=関西外国語大学教授・スペイン文学・ラテンアメリカ文学専攻)


◆横山北斗著『蒼空を翔る』(牧野出版)
評:岳 真也(がく・しんや氏=作家)


■6面
◆張競著『時代の憂鬱魂の幸福』(明石書店)
評:稲垣 諭(いながき・さとし氏=自治医科大学教授・哲学専攻)


◆馬場マコト著『朱の記憶亀倉雄策伝』(日経BP社)
評:暮沢剛巳(くれさわ・たけみ氏=デザイン評論家)


◆奥西峻介著『遠国の春』(岩波書店)
評:みやこうせい(みや・こうせい氏=エッセイスト・ルーマニア民俗研究家)


◆山本俊輔+佐藤洋笑著『映画監督村川透』(DU BOOKS)
評:高鳥 都(たかとり・みやこ氏=ライター)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。